タグ別アーカイブ: クロスブラウザ

クロスブラウザとは、動作するWebブラウザは明示せず、如何なる環境下でもコンテンツが何かしらの状態で提供されることを保証した状態のことを表します。Webブラウザの種類が豊富になり、Internet Explorerが独自実装から標準準拠へと戦略を変えるようになり、コンテンツをWebブラウザで縛るデメリットが大きくなりました。こうした中、Webブラウザの機能に着目し、機能の有無に応じてフォールバックを行い、何かしらの形でコンテンツを提供できることが望ましいという考えが広まっています。これが「クロスブラウザ」です。

(ふろしき.js)

「AAC(.m4a)」の「MIMEタイプ」は不統一


HTML5 Games: Creating Fun with HTML5, CSS3, and WebGL / Jacob Seidelin

例えば、HTML5 Audioでクロスブラウザを前提に音楽を再生する場合、WEBブラウザがサポートしている音声ファイル形式をJavaScriptなどで事前に識別しておくこともあると思います。

識別にAudio.canPlayType()を使う場合、引数に「MIMEタイプ」が必要となります。

この「MIMEタイプ」、「MP3」や「Ogg」は定義が統一されていますが、「AAC」は、「MIMEタイプ」が不統一で、とても厄介です。

続きを読む

WEBブラウザが対応している音声ファイル形式を、JavaScriptで識別する


The Web Game Developer’s Cookbook: Using JavaScript and HTML5 to Develop Games (Game Design) / Evan Burchard

HTML5 Audioでの音声ファイル再生は非常に簡単で、僅か、以下の2行のコードだけで音を鳴らすことが可能です。

[javascript firstline=”1″ highlight=”” title=”main.js”]
var audio = new Audio( "./sound/chime.ogg" );
audio.play();
[/javascript]

Audioの引数に「音声ファイルのパス」を渡すだけで再生が可能なのです。本当に便利な世の中になりました。

HTML5 Audioの登場によって、クロスブラウザ対応によるゲーム開発なども盛んになってきました。しかし、現状では、ブラウザ毎に対応している音声ファイル形式が異なるという問題があります。

続きを読む

「MP3」を「AAC(.m4a)」に変換する


AudioPlayer / Bytemystery

HTML5 Audioの登場で、近頃は、クロスブラウザ対応によってゲームを開発することも多くなったと思います。

ゲーム音源に「MP3」を採用しておけば、IEやFirefox、Google Chromeなどといった主要ブラウザはもちろんのこと、iOSやAndroidのスマートフォンブラウザにも対応することが可能です。

しかし、「MP3」をゲームに使う場合、5,000本以上の配布で2,500USドルのライセンス実施料が必要になるという厄介な制約があり、ゲーム音源にライセンス実施料が必要ない「Ogg」を使うこともゲーム業界では多くなったといいます。

ゲームに「MP3」を使うのちょっと待った! ライセンスの問題とは?
http://www.materialize.jp/art/software-services/6892/

「Ogg」を使えば万事解決だ! と思いきや、この「Ogg」、非サポートのブラウザが存在します。

続きを読む

「MP3」を「Ogg」に変換する


Ogg / James Gault

「MP3」の特許を主張する企業がライセンスを求めるようになって久しいです。

例えばゲームに「MP3」を使用する場合、5,000本以上の配布で2,500USドルのライセンス実施料が必要になります。

ゲームに「MP3」を使うのちょっと待った! ライセンスの問題とは?
http://www.materialize.jp/art/software-services/6892/

ならば、「MP3」以外の音源を使えばいいです。ライセンス実施料の掛からない「Ogg」に、「MP3」を変換してしまいましょう。

以下に「MP3」を「Ogg」に変換する方法を解説します。

続きを読む