日別アーカイブ: 2014年3月14日

コピペで期日を守る術は、小学生の頃から学んできた(小保方晴子のSTAP騒動に思う)


Thesis / Koichi Nagata

 小保方晴子のSTAP騒動、本日(3/14)午後2時頃の会見。画像流用や論文の無断引用が確認されて、追調査する必要があるとの見解だそうだ。

STAP論文 画像加工など確認 理研が調査の現状報告
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000023206.html

 理化学研究所・野依良治理事長:「世間の多くの皆様にご迷惑、ご心配をおかけしたことをおわび申し上げます」
 理化学研究所はSTAP細胞の論文を巡る疑惑に対し、博士論文の画像の流用など6つの疑惑について調査の現状を明らかにしました。画像の加工や、他人の論文の無断引用などが確認されましたが、「意図的な改ざんだったか判断するには更なる調査が必要」などとしています。一連の騒動に小保方さんは、「未熟だった」と反省し、「申し訳ない」と繰り返し話しているということです。

 提出期限を守る為に成果物の内容をコピペで済ますなんて、学生時代、誰もがやったことのあることだと思うが、「研究者」としては絶対にやってはいけない行為だ。それは「ゴッドハンド・藤村新一」の旧石器捏造事件で学んだことではなかったのか。

続きを読む