私たちは、「言葉の裏にあるスピリット」に惹かれている


Magic every day of clean up flutter / konmari

何故、近藤麻理恵さん(通称・こんまりさん)の本は売れるのか。

人を惹きつけるような、カリスマ性のある人っていうのは、普通の人がアクセスできない領域にアクセスできる人。こんまりさんもそうだし、例えば、斎藤一人さんもそう。

普通の人がアクセスできない領域の一部分にアクセスできる人たち。それを感覚的に、第六感的に捉えていて、誰にでも分かる言語に置き換えて発信している人たち。

その人たちの言葉の裏にある何かに惹きつけられて、私たちはこんまりさんの片付けに目覚めたり、斎藤一人さんの話をいいなって思ったりする。

神的な、神秘的なものにアクセスできる人たちは、その一部分しか知らないわけだけれども、言語化するときにはそのプロセスでさらに情報が抜け落ちてしまうのだけれども、それにも関わらず、その背後にあるものを感じられ魅せられるというのは、やはりそれは言葉以上の「何か」を持っているからだ。

こんまりさんの片付けのノウハウに惹きつけられているのではなくて、チャネルとなっているこんまりさんその人自身に私たちは惹きつけられている。

機械的に片付けをするから部屋がキレイになるのではなくて、片付けの裏にある真髄に、スピリットに触れることによって、自然と片付けができるようになる。

だからこんまりさんの本に惹かれるのだ。


毎日がときめく片づけの魔法
片づけコンサルタントとして活躍する、著者のこんまりさんこと近藤麻理恵さん。
今回、満を持してお届けするのが、全ページオールカラーの永久保存版、題して『毎日がときめく片づけの魔法』です。
テーマはズバリ、「片づけを通して毎日がときめく暮らしを実現するための本」。
「片づけ祭り」の具体的な手順から洋服のたたみ方まで、わかりやすく解説してあります。
また、片づけをやり終えた人のために、こんまりさん流のときめく暮らしを実現するちょっとしたヒントも満載です。
これから片づける人にも、片づけ真っ最中の人にも、片づけをすでに終えた人にも役立つ一冊。

(平成26年7月28日 アシベズヘア@ashibehair_mfacebooknoteSUZURI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です