タグ別アーカイブ: スマートフォン

確かに「折りたたみ」携帯は愛されている


007SHJ / softbank

中国から見ても日本人は「折りたたみ」携帯を愛しているように見えるようだ。実際、私も「007SHJ」という折りたたみ式のスマートフォンを発売から3年近く利用していた。

折りたたみ携帯を愛する日本人
http://news.livedoor.com/article/detail/8778842/

続きを読む

「スマホ規制」は「性教育」と同じで大人たちの怠慢でしかない


Line Humor / Villahermosa App

最近、何かと話題のスマホ規制だが、以下の記事にもあるように、子供自身の「自律」が大切なのであって、「禁止」では何も解決しない。埼玉県の上田清司知事が言うように、「禁止」なんか100%従うなんてことはないのだから、そんな非現実的な対応ではなく、これは「異常ではない手段」を学ばせる機会にすべきなのだ。

小中学校 広がるスマホ制限 「長時間使用は異常」「帰宅時安全確保は」首長も賛否
http://sankei.jp.msn.com/life/news/140421/trd14042100160001-n1.htm

続きを読む

遅いレジ打ちが気にならなくなったのは、現代における時間の概念が変わったからか?


Convenience store / officezou

 私自身でも感じるところであるが、スマートフォンの登場で現代人は時間に寛容(ルーズ)になったと言われている。まだガラケーしか無い時代でもそうだったのだが、Twitterfacebookの登場で、よりリアルタイムな状況を連絡する手段が出来て、例えば待ち合わせ時間に間に合わなくても、今どこに居て、あとどれくらいで到着しそうなのかが、お互いに分かるようになった。

 何も手段が無い時代には、時間に間に合わなければ事故などの心配が付き纏い、気が気でなかったから、遅刻は割りと重罪だったのだが、今は遅刻が当たり前のような習慣になってきている。そのことに対して、怒る人はかなり減ったという実感もある。スマートフォンの登場で現代人は時間に寛容になり、そしてルーズになったのだ。

続きを読む

今の若い世代は合理的になって心が無くなった?

Shibuya teens
Shibuya teens / nicksieger

 「若者はテレビが嫌いで観ていないのではない、リアルタイムに観る価値が無くなっただけだ」でも書いたのだが、今の若い世代の人たちは、自分にとって有意義な24時間とする為に、様々な取捨選択を無意識のうちに行えるようになっている世代のように感じる。

 歩きスマホや電車内でのスマホ利用はもちろん批判もあるが、移動時間を無意識のうちに情報収集という有意義なものに置き換えている。時間の捉え方に変化が起きていて、それは依存性なのだとは思うが、ただ時間が過ぎ去ることを許さないようになってきているのは良いことだと私は思っている。

続きを読む

若者はテレビが嫌いで観ていないのではない、リアルタイムに観る価値が無くなっただけだ

Television
Television / Medhi

 最近の若い人たちはテレビを観なくなった。何故だ? と各所で議論になるが、面白いテレビとつまらないテレビの比率は実は今も昔も変わらないのじゃないかと思っている。「家政婦のミタ」や「半沢直樹」、「あまちゃん」など、面白いものが放送されれば高視聴率は叩き出される。テレビに興味が無くなったわけではないのだ。

続きを読む