タグ別アーカイブ: ピクトグラム

「エレベーターの開閉ボタンを押し間違えるのは、ユニバーサルデザインの問題ではない」という論文について

Panel
Panel / OiMax

 先日、”エレベーターの開閉ボタンよ、いい加減、分かり易くしてくれ!”の記事で、私は現在のユニバーサルデザインによるエレベーターの開閉ボタンが大変分かり難い為、さっさと改善せーや! と物申したのだが、

「どんなデザインであれ、咄嗟の状況では押し間違えてしまう」

 という意見の方がおり、私は改めて調べてみた。確かにそうだなと思ったからだ。すると、以下の論文を発見した。

押し間違いを低減させるためには、デザイン的要因よりも、二重課題的状況や視点移動といった認知的要因こそ、優先的に対処すべきであり、ピクトグラムのデザインを改良しても、十分な成果が望めないことを示唆している。

二重課題と視点移動がエレベータ開閉ボタンの押し間違いに及ぼす影響
http://www.union-services.com/shes/jhes%20data/10_25.pdf

[browser-shot width=”240″ url=”http://www.union-services.com/shes/jhes%20data/10_25.pdf”]

続きを読む

エレベーターの開閉ボタンよ、いい加減、分かり易くしてくれ!

to the first B
to the first B / OiMax

 エレベーターの開閉ボタンは何故あんなに分かり難いのか。いい加減、腹が立って仕方がない。最近、特にそう感じる。「開」ボタンと「閉」ボタンの組み合わせも門構えが同じでだいぶ分かり難かったのに、何故、それの上を行く、「◄|►」ボタンと「►|◄」ボタンを登場させたのか。

 デザイナーは、搭乗者のユースケースまで考えないのか、それを採用する側が悪いのか。日本のクリエーターは本質を考えなくなったのか、何が目的なのかを。何を作るべきなのかを。

続きを読む