タグ別アーカイブ: note

noteマガジンの「課金機能」を使って写真集「OTAGO」を発刊した


Otago / Ashibehair

株式会社ピースオブケイクが運営するメディアプラットフォームnoteにおいて、平成26年6月19日、マガジンに「課金機能」が搭載された。

これにより、マガジン自体に値段をつけて販売することが可能となった。

マガジンに課金機能がつきました。
https://note.mu/sadaaki/n/n4fea3d4974cb

続きを読む

抗う根っ子――noteのマガジン機能


note life / omimi

2014年6月4日(水)、noteに「マガジン」という機能が追加された。

これは、投稿した複数のノートをひとつのコンテンツに纏められるという機能で、「マガジン」という名であるように、イメージは「WEB雑誌」である。

ソーシャルメディアプラットフォーム note(ノート)が メディア作成機能「マガジン」をリリースしました!
http://www.pieceofcake.co.jp/1119/20140604-magazine
今回のマガジン機能のリリースにより、発表したノートをまとめて表示できるようになります。自分のノートをたばねて、カテゴリー別に分類したり、売り物だけまとめることもできますし、他人の作成したノートをたばねてキュレーションすることも可能です。つまり、かんたんにメディアを作成できるようになります。今後は、マガジン単位での販売機能や継続課金機能なども予定しおり、本気のクリエイティブをインターネットに持ち込むための仕組みづくりを続けて参ります。

続きを読む

脳を鍛えるなら情報発信する習慣が最適


Cute Photo Blog Style / Atelier*Spoon

このブログで何度も書いてきたことだが、60歳から脳を鍛える、もしくは脳を衰えさせないようにするのなら、ブログを書くのがやはり一番だと思う。ブログは廃れる廃れると言われて何年も経っているが、個人が情報発信するにはまだまだ最良のツールで、これを超えるものはしばらく出てこないだろう。

60歳から脳鍛える生活習慣 飲み屋開拓、利き手と逆の手使う
http://news.livedoor.com/article/detail/8804035/

続きを読む

「note」と「投げ銭」で凡夫も参入、コンテンツ課金モデルが大きく変わる!


Change-back / marietta

テキストや写真、音楽などのデジタルコンテンツを誰でも気軽に販売できるサイト「note」が4月7日にリリースされている。翌日の8日にはユーザー数が1万人を超えて話題となり、今、最も注目されているSNSだと言ってもいい。

タレントも含めた数多の「クリエイター」がTwitterの代わりとして早くも食いついたわけだが、手に職もない一般の普通の人たちにとっては売るものもないし、購入する一方で、嬉しくもない無関係なサイトだという印象があった。

しかし、「ネット投げ銭」という考え方を取り入れることで、誰もがこのデジタルコンテンツ課金システムに参入することが可能だということに、noteユーザーたちは気がついた。

今、「note」では、この「投げ銭」という課金システムについて、熱い試行錯誤が繰り広げられている。

「投げ銭」
大道芸人などに投げ与える金銭。なげぜに。
(「大辞林 第二版」より)

続きを読む