タグ別アーカイブ: 猛暑

猛暑(もうしょ)とは平常の気温と比べて著しく暑いときのことである。酷暑(こくしょ)、炎暑(えんしょ)、炎熱(えんねつ)、酷熱(こくねつ)、極暑(ごくしょ)と類義であり、しばしば報道や日常会話で用いられる。主に夏の天候について用いられる。世界気象機関が推奨する定義は「最高気温の平年値を、連続5日間以上、5℃以上上回ること」としているが、各国はそれぞれの気候傾向によって様々な定義で運用している。日本国内においては2007年以降、1日の最高気温が35℃以上の日のことを「猛暑日」と言う。また、平年よりも気温が高い夏を「暑夏(しょか)」と呼ぶ。

そうめんといえばやはり「三輪そうめん」? 本場・奈良で食すが、、、

Unagi Onsen Tamago Somen
Unagi Onsen Tamago Somen / TummyRumble

 関西には二大そうめんがある。ひとつは兵庫県の「手延べそうめん揖保の糸」、もうひとつは奈良県の「三輪そうめん」だ。実家にでも帰らない限り、茹でるという面倒な作業はやらないという一人暮らしの殿方も多いのではないだろうか。私もそんな一人で、暑い夏にさっぱりとそうめんが食べたくてもなかなか重い腰が上がらない。

 ただ今年は40度を超える地域もある程の猛暑。居ても経っても居られなくなり、どうせなら歴史にも趣深い奈良で「三輪そうめん」を食おう! と思い立って行ってきた。のだが・・・・・・まずは三輪そうめんの起源とかうんちくを知っておいて、有難みを増しておきたい。

続きを読む