タグ別アーカイブ: 体内時計

夕食は、夜8時までに済ませる 【科学的ライフスタイルのススメ 第2回】


Fun dinner / Nobuo Kaneko

近年、「時間栄養学」というものが注目されています。

第1回で、「体内時計」に基づいた生活リズムを習得しましたが、この「時間栄養学」は、その「体内時計/時計遺伝子」を考慮した、最新の栄養学です。

これまで栄養学といえば、食事の「量」や「栄養素」ばかりが着目されてきましたが、時間栄養学では、何をどれだけ食べるか、だけでなく、いつ食べるか、も非常に重要であると考えられています。

体内には時間帯によって量が増減するホルモンや、体内機能の活性・不活性が存在します。「体内時計/時計遺伝子」を認識することで、食物の消化・吸収・代謝等の最も効率的な行動が分かるようになったのです。

朝食に最適なタイミングは第1回で習得しました。では、夕食は、どのようなタイミングで摂るのが適切なのでしょうか?

続きを読む

体内時計をコントロール――朝7時に起きて、夜10時に寝る 【科学的ライフスタイルのススメ 第1回】


Wall stickers / Sunrise

今年、平成26年1月に、イギリスのサリー大学が、

 生活リズムが崩れることで、「1400」もの遺伝子が傷つく

という研究結果を発表しました。不規則な生活習慣は、自律神経の働きやホルモン分泌のリズムを乱し、心臓病高血圧抑うつ疲労睡眠障害骨粗しょう症肥満がん、など、様々な問題を引き起こす原因となるそうです。

つい夜更かししてしまったり、仕事に追われて睡眠時間が極端に短くなってしまっていたり、怠惰な生活で昼夜が逆転してしまっていたりと、生活リズムが一定でなくなることはよくあることですが、この習慣を正さなければ、確実に寿命を削っているようです。

この発展した科学社会の中で、分かっていながら寿命を無駄に削って早死していては、大変な損です。もしかしたら大馬鹿者かもしれません。

乱れてしまったこの生活リズム、では、今から生活リズムを正すには、どうしたら良いのでしょうか?

続きを読む