ランチ何食べた?|茸家文庫BAR|親父カレー


出典 うえだ たかこ:Rettyグルメ

BARがこの世の飲み屋で一番キライなのだが、「親父カレー」というネーミングに前々から惹かれていたので入ってみた。「50年前のインド人」がビックリするというのだから、マスターはもう70歳とかなのか!?

マスターは若くもなく年老いてもなくという、小柄で物静かな感じのオジサンだった。BARが何故にキライかというとマスターがとにかくいけ好かない奴が多いからなのだが、小うるさくもなく、食事の邪魔もしないし、遠慮がちに気を使って話しかけてくるのがとても好感が持てた。

肝心の「親父カレー」はスパイシーで辛めで、お腹の具合が悪い時に食べるとボティーに効いてくる感じなのだが、日本人の口に合うようにまろやかになっていて、「旧ヤム邸」みたいなカレーがキライな人にはオススメだ。

手作りだという「ザワークラウト」も酸っぱ過ぎないし、これまた旨い。今日まで食べに行くのを躊躇っていたのが勿体なかった。これは良いカレー屋を見つけた。カレー屋じゃないけど。

日月のランチでしかやっていないのだが、そう言われてしまうと、明日の月曜も、行ってしまいそうだ。

関連ランキング:バー | 松屋町駅谷町六丁目駅長堀橋駅

ランチ何食べた?|茸家文庫BAR|親父カレー」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ランチ何食べた?|茸家文庫BAR|親父カレー | materialize.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です