Java+Eclipse+TomcatでJSPを試す


Tomcat / Jason Brittain

「Eclipse」+「Tomcat」という組み合わせで、JSPを試してみます。

Tomcatプロジェクトの準備

まず、Tomcatプロジェクトを用意します。以下で解説しています。

Java+Eclipse+Tomcatのプロジェクトを準備する
http://www.materialize.jp/art/software-services/7383/

ここでは「TestTomcat」という名前のプロジェクトを用意しました。

JSPの作成

「JSP」を作成します。

Tomcatプロジェクトの上で右クリックし、「新規(N)」から「JSP File」を選択します。

7464_1

「JSP」の詳細設定画面で、「JSP」のファイル名を設定します。「index.jsp」と入力します。

入力したら、「次へ(N)>」をクリックします。

7464_2

JSPのテンプレートを使用します。「新規JSPファイル(html)」を選択して、「完了(F)」をクリックします。

7464_3

以下のように、「JSP」のテンプレートが自動で生成されます。

7464_4

「プロジェクト・エクスプローラー」の「TestTomcat」を開き「WebContent」を確認すると、「index.jsp」が追加されています。

7464_10

ではこの「JSP」に、一行だけ追記してみましょう。

<% out.println( "Hello, Baby !!! JSP" ); %>

を追記します。

7464_5

out」は「暗黙オブジェクト」と呼ばれるもので、「JspWriter」というJSP用の「OutputStream」のインスタンスです。

追記したら、ファイルの保存を忘れずに。

プロジェクトの実行

ではプロジェクトを実行してみましょう。

Tomcatプロジェクトの上で右クリックし、「実行(R)」から「1サーバーで実行(1)」を選択します。

7464_6

既にTomcatサーバーが選択されているので、「次へ(N)>」をクリックします。

7464_7

サーバーにプロジェクトを追加する画面ですが、既にプロジェクトが構成済み(追加済み)になっているので、「完了(F)>」をクリックします。

7464_8

「Eclipse」の画面下部の「サーバー」タブが表示され、サーバーの状態が「始動済み,同期済み」に変更になります。

その後、以下のようにブラウザ・ビューが表示されます。

http://localhost:8080/プロジェクト名(プロジェクトのコンテキスト・ルート)/

にアクセスしています。

7464_9

フォームの作成

フォームの送信と、その送信内容の参照を「JSP」で作成します。フォームを送信してその内容を取り出し処理を行うというのは、サーバサイド開発で最も基本となるイメージでしょう。

「JSP」に以下のコードを追記します。また、文字エンコードを「UTF-8」に書き換えています。

[html firstline=”1″ highlight=”11,12,13,14,15,16,17,18,19,20,21,22,23″ title=”index.jsp”]
<%@ page language="java" contentType="text/html; charset=UTF-8"
pageEncoding="UTF-8"%>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
<html>
<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=UTF-8">
<title>Insert title here</title>
</head>
<body>

<%
request.setCharacterEncoding( "UTF-8" );
String str = request.getParameter( "input_text" );
if ( null == str ) {
str = "(未入力)";
}
out.println( "送信した内容:<br>" );
out.println( "<span style="color:#f00;">" + str + "</span>" );
%>
<form method="post" action="./">
<input type="text" name="input_text" value="<%= str %>">
<input type="submit">
</form>

</body>
</html>
[/html]

7464_11

request」も「out」と同じで「暗黙オブジェクト」です。これは「HttpServletRequest」のインスタンスです。

それではプロジェクトを実行してみましょう。ブラウザ・ビューに以下が表示されます。

7464_12

「Hello, Baby !!!」と入力して、「クエリ送信」をクリックします。

7464_13

内容が更新されました。

7464_14

Servletを試す

Servleの動きを試す場合は、以下に解説しています。

Java+Eclipse+TomcatでServletを試す
http://www.materialize.jp/art/software-services/7359/

JSP+Servletを試す

JSPとServletを用いたページ遷移を試す場合は、以下に解説しています。

Java+Eclipse+TomcatでJSP+Servletのページ遷移
http://www.materialize.jp/art/software-services/7512/

(平成26年8月2日 アシベズヘア@ashibehair_mfacebooknoteSUZURI

Java+Eclipse+TomcatでJSPを試す」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: Java+Eclipse+TomcatでServletを試す | materialize.jp

  2. ピンバック: Java+Eclipse+Tomcatのプロジェクトを準備する | materialize.jp

  3. ピンバック: Java+Eclipse+TomcatでJSP+Servletのページ遷移 | materialize.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です