Java+Eclipse+Tomcatの開発環境を用意する【Windows 8.1】


Tomcat / Jason Brittain

Javaのサーバサイド開発を「Eclipse」+「Tomcat」で実現する為に、「Eclipse」と「Tomcat」の開発環境を整えます。

Eclipseのインストール

「Eclipse」のインストールは以下に解説しています。日本語化も解説しています。

Java+Eclipseのインストールと日本語化【Windows 8.1】
http://www.materialize.jp/art/software-services/7232/

Tomcatのインストール

「Tomcat」は以下のサイトから入手します。

Apache Tomcat – Welcome!
http://tomcat.apache.org/

サイトにアクセスしたら、左サイドメニューの「Tomcat 8.0」を選択します。

7362_1

2014年8月1日現在、「Tomcat」のバージョンは「8.0.9」です。

以下の通り、「Core」から「zip」を選択します。ダウンロードが開始されます。

※事前に『自分のパソコンは「32ビット版」? 「64ビット版」? 確認する方法』を確認しておいてください

7362_2

7362_3

解凍すると中身は以下のようになっています。

7362_4

展開した「Tomcat」は任意の場所に格納します。

ここでは「Cドライブ直下」に格納しました。

7362_5

以上で「Tomcat」のインストールは完了です。

Tomcatプロジェクトの準備

続けて「Eclipse」+「Tomcat」で実現するプロジェクトを準備する場合は、以下で解説しています。

「Eclipse」+「Tomcat」のプロジェクトを準備する
http://www.materialize.jp/art/software-services/7383/

(平成26年8月1日 アシベズヘア@ashibehair_mfacebooknoteSUZURI

Java+Eclipse+Tomcatの開発環境を用意する【Windows 8.1】」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: Eclipseのインストールと日本語化【Windows 8.1】 | materialize.jp

  2. ピンバック: 「Eclipse」+「Tomcat」のプロジェクトを準備する | materialize.jp

  3. ピンバック: Java+Eclipseの入手とインストール【Windows 8.1】 | materialize.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です