Java+Eclipseのインストールと日本語化【Windows 8.1】


JSP & Servlets for the first time / WINGS

Javaのサーバサイド開発を「Eclipse」+「Tomcat」で実現する為に、一般的に使われている統合開発環境「Eclipse」を入手して、Windows環境にインストールします。

また、Pleiadesを導入して日本語化を行います。

Eclipseの入手とインストール

「Eclipse」の入手とインストールは、以下で解説しています。

Java+Eclipseの入手とインストール【Windows 8.1】
http://www.materialize.jp/art/software-services/7283/

任意の場所に「Eclipse」を展開するだけで、インストールは完了です。

Eclipseの日本語化

「Eclipse」は英語のソフトウェアなので、使い易いように日本語化しておきます。

「Eclipse」を日本語化するパッケージは、以下のサイトから入手します。

Eclipse 日本語化 | MergeDoc Project
http://mergedoc.sourceforge.jp/

サイトにアクセスしたら、以下のように、「安定版」を選択します。

7232_6

バージョン「1.5.0」は解凍ができずエラーとなるので、「1.4.0」を選択します。

バージョン「1.5.0」のエラーは以下の通りです。

7232_9

「1.4.0」の、「pleiades_1.4.0.zip」を選択します。ダウンロードが開始されます。

7232_7

7232_8

ダウンロードされたら、解凍します。中身は以下のようになっています。

7232_10

どうやって日本語化するのか、手順を「readme」で確認してみましょう。

7232_11

やることは、以下の赤枠で囲った「4つ」の作業です。

7232_12

以下の「features」と「plugins」をコピーします。

7232_13

ちなみに、「features」と「plugins」の中身は以下のようになっています。

7232_14

7232_15

では「features」と「plugins」をコピーします。

7232_16

貼り付け先は、「Eclipse」を展開したフォルダです。

この「Eclipse」のフォルダ内にも、先ほどコピーした「features」と「plugins」が存在しています。

7232_17

7232_18

次は、「readme」に従い、「eclipse.ini」を編集します。

7232_19

以下のように、「eclipse.ini」をテキストエディタで開いてください。

7232_20

一番下、最後の行に、「readme」に解説されていた通り、

-javaagent:plugins/jp.sourceforge.mergedoc.pleiades/pleiades.jar

を追記します。

7232_21

追記したら保存して、テキストエディタを閉じます。

これで日本語化はできました。

Eclipseの起動

「Eclipse」を起動してみましょう。

「readme」の注意にあった通り、「-clean」コマンドで起動します。コマンドスクリプトが日本語化パッケージに含まれているので、それをコピーして利用します。

7232_22

「eclipse.exe」が存在するフォルダに「eclipse.exe -clean.cmd」を貼り付けたら、ダブルクリックして実行します。

7232_23

7232_24

「ワークスペース」の場所を尋ねられます。

任意の場所を指定しますが、スペース(空白)や全角文字を含んでいない場所である必要があります。

指定したら「OK」をクリックします。

7232_25

7232_26

「Eclipse」が起動すると以下の画面が表示されます。

右上に表示されている「ワークベンチ」というアイコンをクリックします。

7232_27

「ワークベンチ」が表示されます。

7232_28

見渡すと、メニュー等、ちゃんと日本語化されています。

Eclipseの文字フォントを変更

では、「readme」で推奨されていた通り、文字フォントとサイズを変更しましょう。

文字フォントとサイズの変更は以下の記事で解説しています。

Eclipseの文字フォントとサイズを変更する
http://www.materialize.jp/art/software-services/7305/

以上でEclipseのインストールと日本語化は完了です。

Tomcatの準備

このまま「Eclipse」+「Tomcat」の環境を用意する場合は、以下で解説しています。

「Eclipse」+「Tomcat」の環境を用意する【Windows 8.1】
http://www.materialize.jp/art/software-services/7362/

(平成26年7月31日 アシベズヘア@ashibehair_mfacebooknoteSUZURI

Java+Eclipseのインストールと日本語化【Windows 8.1】」への4件のフィードバック

  1. ピンバック: Eclipseの入手とインストール【Windows 8.1】 | materialize.jp

  2. ピンバック: Eclipseの文字フォントとサイズを変更する | materialize.jp

  3. ピンバック: 「Eclipse」+「Tomcat」の環境を用意する【Windows 8.1】 | materialize.jp

  4. ピンバック: Eclipseの設定「インストール済みのJRE」を「JDK」に変更する | materialize.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です