「MP3」を「AAC(.m4a)」に変換する


AudioPlayer / Bytemystery

HTML5 Audioの登場で、近頃は、クロスブラウザ対応によってゲームを開発することも多くなったと思います。

ゲーム音源に「MP3」を採用しておけば、IEやFirefox、Google Chromeなどといった主要ブラウザはもちろんのこと、iOSやAndroidのスマートフォンブラウザにも対応することが可能です。

しかし、「MP3」をゲームに使う場合、5,000本以上の配布で2,500USドルのライセンス実施料が必要になるという厄介な制約があり、ゲーム音源にライセンス実施料が必要ない「Ogg」を使うこともゲーム業界では多くなったといいます。

ゲームに「MP3」を使うのちょっと待った! ライセンスの問題とは?
http://www.materialize.jp/art/software-services/6892/

「Ogg」を使えば万事解決だ! と思いきや、この「Ogg」、非サポートのブラウザが存在します。

例えば、IEは、「Ogg」をサポートしていません。

6936

HTML5 & CSS3 Web Design
http://fmbip.com/litmus/#HTML5 Audio Codecs

以下はスマートフォンブラウザでの対応状況です。

6936_3

スマートフォン向けサイトで再生可能な音声ファイル
https://www.x-fit.jp/tips/179

ライセンスの制約を回避しつつ、HTML5 Audioを用いたクロスブラウザ対応をするには、「Ogg」と、そして、「AAC」を用意すればOKだということが上記の表からも分かります。

「MP3」を「Ogg」に変換する方法は、以下を参照してください。

「MP3」を「Ogg」に変換する
http://www.materialize.jp/art/html5/6910/

ここでは、「MP3」を「AAC」に変換する方法を解説します。

以下のサイトにアクセスしてください。

Apple – iTunes – iTunesを今すぐダウンロード
http://www.apple.com/jp/itunes/download/

そうです、「iTunes」です。

「MP3」を「AAC」に変換するには、「iTunes」を使います。

まずは、「iTunes」をダウンロードします。

以下のように、「今すぐダウンロード」をクリックします。

6936_4

ダウンロードが開始されます。

6936_5

ダウンロードされたファイルを実行し、インストールを開始します。

6936_6

6936_7

次へ」をクリックします。

6936_8

インストール」をクリックします。

6936_9

6936_10

完了」をクリックします。

6936_11

「iTunes」が起動します。

以下の画面が表示されたら、「同意する」をクリックします。

6936_12

以下の画面では、「同意します」をクリックします。

6936_13

以下の場所(画面左上)のメニューから、「設定」を選択します。

6936_14

インポート設定」をクリックします。

6936_15

AAC エンコーダ」を選択します。

6936_16

「OK」をクリックして、元の画面に戻ります。

以下の場所(画面左上)のメニューから、「ファイルをライブラリに追加」を選択します。

6936_17

「AAC」に変換したい「MP3」ファイルを選択します。

以下のように、複数選択も可能です。

6936_18

以下のように展開されるので、「AAC」に変換したいファイルを選択し、右クリックでメニューを表示します。

そのメニューの中から、「AAC バージョンを作成」を選択します。

6936_19

以下の通り、「AAC バージョン」が作成されました。

6936_20

「AAC」ファイルは、「ミュージック」以下に格納されています。

6936_21

以上です!

(平成26年7月10日 アシベズヘア@ashibehair_mfacebooknoteSUZURI

「MP3」を「AAC(.m4a)」に変換する」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: ゲームに「MP3」を使うのちょっと待った! ライセンスの問題とは? | materialize.jp

  2. ピンバック: 「MP3」を「Ogg」に変換する | materialize.jp

  3. ピンバック: WEBブラウザが対応している音声ファイル形式を、JavaScriptで識別する | materialize.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です