「epubcheck」の使い方 ←「10MB」を超える電子書籍(EPUB)の不正チェックを行う方法


CSS and HTML, to make with JavaScript, iBooks e-book rich / HISAMATSU Shinichi

先日、『電子書籍は「Sigil(シジル)」で作成してはいけない――「EPUB2」と「EPUB3」の存在』でも紹介しましたが、電子書籍を出版するのなら「不正チェック」は必須の作業です。

KDP」の不正チェックはザルもザルですが、「iBooks Store」や「Google Play Books」は決して許してくれません。エラー皆無の電子書籍を求められます。

不正チェックの代表的なサイトに以下があります。

EPUB Validator (beta)
http://validator.idpf.org/

電子書籍(EPUB)を出版する際は必ず利用するサイトですが、非常に便利なのに「容量制限」があり、「10MB」までしかチェックすることができません。

全て画像で作成する写真集や漫画、電子雑誌などであれば、優に「100MB」を超える電子書籍(EPUB)になります。

以下では、「10MB」を超える電子書籍(EPUB)の不正チェックを行う方法を解説します。

IDPFが開発した「epubcheck」というツールを使います。Google Codeに公開されています。オンラインのサービスではないので、ダウンロードが必要です。

平成26年6月24日現在では「epubcheck-3.0.1.zip」をダウンロードしてください。

epubcheck
http://code.google.com/p/epubcheck/downloads/list

このツールは「コマンドライン」で使用するものなので、取っ付きにくい印象があります。しかし、電子書籍(EPUB)の不正チェックは必須ですので、この面倒は乗り越えていきましょう。

さらに面倒な話をしますが、このツールを実行するには「バージョン1.5以上のJava」が必要です。

「Java? 何それ? 心折れそう!」

という方もいらっしゃると思いますが、メゲズに、以下を参考に「Java」のインストールを行ってください。

Javaプログラムが実行できない! →「JDK」をインストールする
http://www.materialize.jp/art/android/6568/

epubcheck」のダウンロードが完了したら、任意の場所へ解凍します。

6626_1

以下が解凍した「epubcheck」の中身です。

6626_2

一番簡単な方法は、このフォルダの中に「不正チェック対象の電子書籍(EPUB)」を以下のように置くことです。

6626_4

コマンドプロンプトで以下を実行します。

java -jar epubcheck-3.0.1.jar ◯◯◯◯.epub

6568_31

6568_21

6626_3

さあ、結果は!

6626_5

上記の通り、見事、エラーはまったくありません。

Epubcheck Version 3.0.1

Validating against EPUB version 3.0
No errors or warnings detected.

この状態を目指して、この状態で電子書籍(EPUB)は出版しなければなりません。これは必須です。

以下は「WARNING」の例です。

6626_6

以下は「ERROR」の例です。

6626_7

正直、「WARNING」や「ERROR」を出したら、素人には修正は絶望的です。かなり勉強しないといけません。

何らかのサービスやツールを使用して電子書籍(EPUB)を作成して、それで「WARNING」や「ERROR」が出たら、もうその使用したサービスやツールは見限るか、製作者に問い合わせてみるくらいしか手段はないと思います。

意外と思われるかもしれませんが、WEB上にはこの「epubcheck」を蔑ろにしているツールやサービスが山のようにあります。それらが蔓延り続けている理由は、やはり最大手の「KDP」が不正チェックに甘々だからでしょう。

優良のサービスやツールを発見したら、また紹介させてもらいます。

電子書籍の作り方、検討もつかないあなたへ

なんと、PC標準インストールの「メモ帳」「ペイント」と、「WEBの無料ツール」だけで電子書籍は作成することが可能です。その方法が、ここにあります。

KDPでの出版方法から、米国所得税の免除まで、一から十まで丁寧に解説しています。

著者・アシベズヘア スペシャルインタビュー
http://www.materialize.jp/art/ebooks/5955/

写真集「OTAGO 大田子から、童心の欠片を」

2007年11月。
置き去りにした童心の欠片を探しに、僕は大田子に戻ってきた――。

日本の夕陽100選にも選ばれた夕陽の街・大田子を、独自の視点で表現しています。美しく懐かしい田舎の風景を、童心に想いを馳せながら楽しめる写真集です。

公式ページ
http://www.materialize.jp/OTAGO/

(平成26年6月24日 アシベズヘア@ashibehair_mfacebooknoteSUZURI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>