電子書籍は「Sigil(シジル)」で作成してはいけない――「EPUB2」と「EPUB3」の存在


Sigil / Schaft

電子書籍を無料で自作する場合、以前までは「EPUB電子書籍作成ソフト Sigil(シジル)」を使うのが一般的でした。現在も書店に並んでいる電子書籍の作り方の本の中には、「Sigil」の使い方と共に解説されているものがあります。これには注意が必要です。

EPUB編集ツール「Sigil」が苦境!? いったいどうなるの?
http://densho.hatenablog.com/entry/inactive-sigil

Sigil」を使ってはいけない、というのはちょっと言い過ぎだったかもしれません。「Sigil」は「EPUB2」しか生成できないので、そのことを理解できていれば、問題はないです。


■「EPUB2」と「EPUB3」の存在

EPUB2」「EPUB3」というのは、電子書籍の規格です。仕様です。電子書籍として何ができるか? を定めたバージョンです。

ざっくりとした対応表は以下となります。

EPUB2 EPUB3
仕様制定 2007年 2011年
縦書き
ルビ
右開き
オーディオ
ビデオ
Javascript
音声同期

「EPUB2」では静的な文書表現しか対応できていませんでしたが、「EPUB3」では「縦書き」などの日本語的表現にも対応されています。

Sigil」は「EPUB2」しか生成することはできません。しかし、書籍によっては、「Sigil」で「縦書き」などを実現する解説を行っているものがあります。

それら書籍は現在も流通しているので、注意が必要です。


■間違った例、書籍編


電子書籍でベストセラー作家になろう Kindleセルフパブリッシング入門

上記の書籍では、「Sigil」による「縦書き」実現を解説していますが、「縦書き」は「EPUB3」での機能です。この書籍の通りに「Sigil」で「縦書き」の「EPUB2」を生成することは可能ですが、「電子書籍チェッカー」で「100%エラー」になります。

これは当然です、「EPUB2」では「縦書き」は未対応なのですから。電子書籍の不正をチェックする代表的なサイトは以下です。

EPUB Validator (beta)
http://validator.idpf.org/

この「エラー」を含んだ状態でも、KDPであれば現在は出版が可能ですので、問題を埋没化させてしまっているといえます。エラーを含んだ電子書籍を流通させることで、どんな不具合を起こしてしまうか分かりません。

当然のことですが、エラーのない、上記のチェッカーを通るものを出版することを心掛けてください。そもそも、KDP以外の多くの出版サイトでは、エラーの含まれる電子書籍は、出版NGとなります。


■間違った例、サイト編

以下のサイトでは、「でんでんコンバーター」で「EPUB3」を生成したあとに、「EPUB2」を生成する「Sigil」を用いてその「EPUB3」を編集しようとしています、これは大変な問題です。

電子書籍の作り方
http://novelu.com/ebook_howtomake/

Sigil」は「EPUB2」しか生成できませんので、「でんでんコンバーター」で作成した「EPUB3」が強制的に「EPUB2」に書き換えられてしまいます。もちろん、この電子書籍はエラーだらけになります。

EPUB Validator (beta)
http://validator.idpf.org/


■日本の電子書籍市場の主流は「EPUB3」

Sigil」のHPを見れば分かるように、これは海外のツールです。海外の電子書籍市場は主流が「EPUB2」である為、「Sigil」で電子書籍を作成することに現状は支障がないと思います。

しかし、日本の電子書籍市場の主流は、「EPUB3」です。多くの出版サイトが「EPUB3」を前提にしていますので、「Sigil」を使い続けることは日本では不利で、メリットが無いと言えます。

何より、「Sigil」の開発は、停滞しています。

Sigil’s Spiritual Successor
http://sigildev.blogspot.jp/2014/02/sigils-spiritual-successor.html
この時点で、Sigilは、もはや積極的に開発されていない。 GitHubのに開発を移動すると、いくつかの貢献を相殺しかし、彼らは1トレードオフとかなり小さかったしました。Sigilの開発が停止した状態で、(Calibreの)Kovid氏は、完全なエディタにCalibreの微調整EPUB機能を作り始める。
すべてではない(まだ)、Sigilに存在していることけれども、この時点でのCalibreのエディタは、安定しており、機能の多くを持っています。Sigilと同じように、Calibreのエディタはオープンソースであり、Sigilとは違って積極的に開発されています。私はかなりの時間がKovid氏を知っていた(Calibreが)と私は、Calibreのエディタが進むべき道であると確信しています。
Sigilを使用している人々のために、限り、それはあなたのために働くようにそれを使用してください。あなたはそれがあなたのニーズを満たしていないのFind場合、またはそこにある他に何見たい場合、私はCalibreのエディタをチェックアウトをお勧めします。それはSigilのコードのいずれかを使用していませんが、私はそれSigilの精神的な後継者を検討してください。
Google翻訳

英語を読んだ方が分かりやすいかもしれませんが、じゃあ「Calibre(キャリバー)」ってのを使えば良いんじゃないの? と思われるかもしれません。しかし、「Calibre」も「EPUB2」しか作成できません。日本の電子書籍市場で使うべきではないでしょう。

cover
HonYeah!で購入(¥490 2% OFF)
Google Play Booksで購入(¥500)
Amazonで購入(¥500)

電子書籍の作り方」と「KDPでの出版の仕方」を丁寧に解説した電子書籍を、平成26年4月30日にリリースしました。Windows標準アクセサリ「メモ帳」と無料ツールを駆使して、「出版コスト0円」も徹底しています。
・最適な挿入画像のサイズは?
・ロイヤリティー受け取りの手数料は?

など、ハマりやすい具体的な数値も余すこと無く解説しています。まずはサンプルだけでもお試しください。疑問点・改善点を戴ければフィードバックし積極的に改版します。

(平成26年4月23日 アシベズヘア@ashibehair_mnote

電子書籍は「Sigil(シジル)」で作成してはいけない――「EPUB2」と「EPUB3」の存在」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 「epubcheck」の使い方 ←「10MB」を超える電子書籍(EPUB)の不正チェックを行う方法 | materialize.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>