月別アーカイブ: 2013年10月

小五の誕生日プレゼントは「ラサール石井のチャイルズクエスト」だった


Childs Quest / Namco

 小学生時代の同級生からの誕生日プレゼントといえば、「ミニ四駆」か「ガンプラ(BB戦士)」が主流だったが、小学五年生の時の同級生2人からの誕生日プレゼントは、ファミコンカセットの「ラサール石井のチャイルズクエスト」と「ファミコンジャンプ英雄列伝」だった。

 当時、ファミコンは既にスーパーファミコンに勢いを奪われていたが、まだまだファミコンカセットは子供には高いものだったので、私にとっては若干引いてしまうプレゼントだった。でも聞けば、2人は中古ファミコンショップを回ってコレだ!と思うものを探してくれたらしく、どちらも500円ポッキリだったという。

 いつしか私には単なる中古ファミコンカセットが何か特別な物に感じられてきて、しばらくそれに熱中したのだった。特に、「ラサール石井のチャイルズクエスト」に。

続きを読む

学校の教科書に載っているような物語を読ませただけで子供の感性が豊かになると語るな

book sale loot
book sale loot / ginnerobot

 子供の活字離れが・・・・・・と未だに耳にするが、本当に活字から離れているだろうか? それは潔癖な大人たちが子供らを眺めたとき、学校の教科書に載っているようなクソ面白くない物語から離れていっているからそう見えるだけだろう。

 今は昔よりもずっと活字に親しみやすくなったと言えるのではないか。質を抜きにすれば、ケータイ小説が台頭してきて、ライトノベルも安定し、電子書籍も普及してきた。例えば私だったら、小説をよく読むが、中学から高校くらいに掛けてブックオフが世に出てきて、その頃から100円で古本の小説を買うようになった。それまでは物語というものは学校の教科書に載っているような教訓じみた逆にイカレタものしかこの世にないと思っていたので、もっと早くに知るべき世界だったと高校生という幼いながらにも思ったものだ。ブックオフで100円の小説に手を伸ばしたのは単なる暇つぶしで、確か初めてはフィッツジェラルドの「グレート・ギャツビー」かダシール・ハメットの「マルタの鷹」だった。何かで耳にしたタイトルだった、それだけなのだ。

続きを読む

沢井亮、『コレステロール』の常連に?


Rain shelter / Hanmura Ryo

 先日、「沢井亮、タクヤさんとの再会を果たす・・・・・・これは目覚めてしまったと話題」の記事で、世紀の対決を経た両氏、AV男優・沢井亮と新宿二丁目ゲイバー『コレステロール』のママ・タクヤさんとの再会を報じた。

 あれから三か月が経過した10月26日、沢井亮が『コレステロール』に来店しているとタクヤさんがツイートした。

続きを読む

痴漢が増加傾向「喜んでいると思った」と地位ある人

Ladies Only
Ladies Only / Rog01

 性犯罪の中で特に痴漢が増加傾向にある。例えば、大阪府内では、今年上半期(1~6月)の摘発件数が前年同期よりも7・6%増加し185件で、平成20年以降で最多となっている。

 逮捕者の中には小学校校長や警察官、自治体職員、会社管理職ら「地位ある人」が少なくない。

続きを読む

アスタの「アイコン型広告」の背景色を変更する方法(Androidアプリ)

A Sweeter Jelly Bean!
A Sweeter Jelly Bean! / Android Developers

 先日、「成長著しい「アイコン型広告」(アスタ)をANDROIDアプリに導入する方法」の記事で、アスタの「アイコン型広告」を紹介した。このアイコン型広告を使っていたら、背景色を黒や緑や青や赤に変更したい時もあると思う。

 アスタの「アイコン型広告」の背景色を変更する方法を、以下に紹介する。

いつも大変お世話になっております。
日頃アスタをご利用いただきまして誠にありがとうございます。
アスタ事務局の武重と申します。

背景色についてですが、アイコンのview全体の背景でしたら
こちらはIconCell表示用のレイアウトxml内で、
android:background=”#202020″
のようにご指定いただけます。

恐れ入りますが、ご確認のほどよろしくお願い申し上げます。

続きを読む