いくら机上で学んでも悲劇は体験しないと理解できない――今日のリンク


The feeling is already war / OTOMO KATSUHIRO

忘れてしまったが、先日、とあるテレビ番組でコメンテーターが「政治家に戦争経験者がいなくなってしまうことが怖くて仕方がない」と発言していて、これは本当にそうだと思った。

安倍さんは戦争経験者ではない。

戦争に限らず、行き着くところ、悲劇は体験した人間にしか理解ができない。見聞きしただけの人間は、いくら机上で学んでも、自ら体験するまで教訓を得られない。どこかの戦争に巻き込まれて敗戦し再度戦闘を禁止しても、戦争を経験しない世代の政治家がまた同じことを繰り返す。悲劇は各世代で繰り返される。人間は思っているよりもずっと浅はかで愚かな生物です。

実際、戦争に発展した場合の想定をしろと言われて、どこまでリアルで悲惨な想像ができるか。できないから、学校や職場での避難訓練でさえも身が入らない。本当の悲劇を体験した人だけが、唯一、それを理解している。

集団的自衛権の行使容認で自公正式合意 夕方に閣議決定
http://www.asahi.com/articles/ASG712PNYG71UTFK001.html


千葉市、小中学校エアコン却下 議会「耐える能力必要」
http://www.asahi.com/articles/ASG6T5QTYG6TUDCB01G.html

教室にエアコンが無いのが当たり前だった時代に育った自分としては、贅沢な要求だとどうしても思ってしまう。熱中症の問題はもちろんあるのだが、エアコンに頼らずに体温調整できる術を身につけさせるなど、そういった学習の機会に発想を転換してほしい。世の中、世界中にはエアコンが存在しない環境なんて山ほどあるわけで、そういう環境下でもしっかりと自分で体温調整・体調管理ができる能力が、私だったらほしいのだけど。


メモをとらない。だって
http://horahareta13.hatenablog.com/entry/2014/06/17/193119

学校といえば板書だが、私は板書したノートを見返したことが皆無に等しい。ノートの提出を求められても、「捨てました」と回答をすることが多かった。本当に捨てていたので教師たちはひどく怒ったが、無意味な作業で作成したノートなんぞ手元に置いておいても邪魔なだけだ。ほとんどのことは教科書を読み返せば載っているし、他人(教師)が考えた言葉や構成を丸写ししても頭には何も残らない。自分で重要だと思ったことを自分の言葉と構成で書き残すから意味がある。それに本当に重要だと感じた事は意外と人間は忘れない。どうでもいいことほど忘れるので、メモしないと覚えられない事柄だと気がついたら、それは自分にとって重要ではないんだなという視点を持つと、今までと違った世の中の見方ができるようになる。これはオススメです。


不動産屋に大クレームかまそうとしたら良心的な態度取られたので死にたくなったンゴ……
http://vaginally.hateblo.jp/entry/2014/06/17/215302

本当にそのサービスを愛しているビジネスマンは、クレーマーを上客に変える。有名な話だが、千原せいじがマクドナルドに大クレームを入れた際、「他社ではなく我が社の製品をそこまでして食べたいと思ってくださって、本当にありがとうございます!」と逆に言われてしまって、マクドナルドがより一層大好きになってしまったのだとか。まんまと。この不動産屋もだが、不手際があったときの対応によって、そのマイナス面からの復活の伸びしろが本当に半端ない。これは日本人だからでしょうか。サービスしてもらって当然だ、という思いより、何故か、ここまでしてもらってむしろ申し訳ない、と思ってしまうのが日本人の愛すべき心です。


豆乳飲みすぎて胸がCカップに、「笑われる」男性が病院に助け求める。
http://www.narinari.com/Nd/20140626467.html

貧乳女子に朗報だと何故か私も嬉しくなってしまったのだが、男性にもこれだけ効果が現れるなら、世の女子のほとんどに絶大な効果を示すのではないだろうか。初乳と豆乳。これはおもしろニュースじゃなくて、もっと真面目な新発見として取り上げられてもいいだろうに。

(平成26年7月1日 アシベズヘア@ashibehair_mfacebooknoteSUZURI

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です