体毛のエロス・・・押見修造原作青春映画「スイートプールサイド」の剃毛映像公開! 「あたしの毛を剃ってくれない・・・?」


Sweet Poolside / Oshimi Shuzo

 昨年(2013年)8月、押見修造の初期作「スイートプールサイド」(2004年・ヤングマガジン)の実写映画化が発表された。この作品「スイートプールサイド」は、毛が生えていないことに悩む水泳部男子部員・太田年彦が、逆に毛深いことに悩む水泳部女子部員の後藤綾子に「あたしの毛を剃ってくれない・・・?」と、思春期には恥ずかし過ぎる(羨まし過ぎる)お願いをされることから物語は始まる。

 今年(2014年)2月5日に解禁された衝撃の剃毛映像は以下に掲載されている。

 太田年彦役須賀健太のコメントに「ある意味、究極の青春映画」とある。「男子が女子の毛を剃る」という話、多くの大人にとってはもう単なるフェティシズムでしかないだろうが、しかし、第二次性徴を迎えたばかりの思春期の男子女子にとっては、とんでもない事件性を秘めていると思う。

 性毛、体毛が生え揃う恐怖、自分だけなのか、みんなそうなのか、今までは生えていないことが当たり前だった、必死に剃って隠す子もいれば、それを我先にと周囲に顕示する子もいる。それが救いになる子だっている、あ、自分だけじゃなかったんだって。もちろん逆に、自分の毛の量が、発毛のスピードが平均以上、或いは以下であることを知り、トラウマを抱えてしまう子だっている。それが毛深さに悩む後藤綾子であり、無毛に悩む太田年彦である。

す・・・すげえ・・・!
女なのにあんなに・・・生えてるなんて・・・
も・・・もしかして・・・ワキ毛も・・・?

押見修造
スイートプールサイド(6ページ)

 プールサイドで見掛けた後藤綾子への「すげえ・・・!」という太田年彦の表現は、エロティシズムの表れではなく、同級生がみんな生え揃い始めていることへの焦燥感からの、無毛ゆえの純粋な憧れである。しかし、それは後藤綾子への身体に対する好奇心、魅惑へと、太田年彦の中で徐々に変わっていく。エロティシズムへと流れていく。

 この「スイートプールサイド」は押見修造の初連載作品であるが、こういった思春期の心理描写はこの頃からとても上手いと感じる。ただ毛を剃ってるだけの漫画だろ、と馬鹿にできない。松居大悟監督がメガホンを取りたがるのも分かるし、多くの大人たちが苦笑し映画化を反対するのも分かる。性毛、体毛に何らかのトラウマを抱えた経験が無ければ理解できないリビドーなのだ。

まだ手に残ってる気がする・・・後藤の手と足の感触・・・
・・・それに・・・
あの・・・毛を剃る瞬間伝わってくる・・・
ジョリッ・・・って感触!
ああっ眠れないッ!!

押見修造
スイートプールサイド(77ページ)

 太田年彦は必ず将来、いや、既に、性毛、体毛のフェティシズムの世界に足を踏み入れている。敢えて書かないが、ラストにはその目覚めを感じさせる描写がある。斯く言う私も、性毛、体毛に倒錯する一人だ。この作品の描写からも分かるように、一部の女子にとっては体毛は秘めたる部位であり、それは性毛とはもちろん限らない。剃毛という日々の弛まぬ努力と、それに抗うように執拗に生えてくる体毛との無限の闘争が、性的魅惑を掻き立てるのだ。永久脱毛など以ての外だ。

映画「スイートプールサイド」ポスタービジュアル (c)2014松竹株式会
映画「スイートプールサイド」ポスタービジュアル (c)2014松竹株式会社

 その秘めたる部位を恥ずかしがりながらも惜しげなく打ち明ける後藤綾子もまた、太田年彦とのエロティシズムへ流されている。後藤綾子とは逆だが、安めぐみブルーザー・ブロディを好みのタイプだと語るのも同じことだ。自分とは異なるように創られた身体、それは何とも言えない好奇の対象であり魅惑なのだ。

 「惡の華」もそうだが、この著者は思春期の機微なトラウマと、それを補い合う異性との依存を描くのがとても上手くて、読んでいる内に何度もドキッとさせられてしまう。私は性毛を必死に隠したがっていた思春期があるから、未だに性毛、体毛で悩んでいそうな女性に強く惹かれてしまう。太田年彦と同じように、私も抜毛や剃毛を喜んで引き受ける。腕や脚に触れた時のジョリッとした感触、首元から覗く薄黒い背毛、この堪らない興奮のすべては、思春期のトラウマにあるのだろう。

(平成26年2月7日 アシベズヘア@ashibehair_m

━ 関連書籍 ━━━

惡の華(1) (少年マガジンKC)
ボードレールを愛する少年、春日高男。ある日、彼は、放課後の教室に落ちていた、大好きな佐伯奈々子の体操着を、思わず盗ってしまう。それを、嫌われ者の少女・仲村佐和に見られていたことが発覚!! 盗んだことをバラされたくない春日に、彼女が求めた“契約”とは‥‥!?
志乃ちゃんは自分の名前が言えない
“自分の名前が言えない”大島志乃。そんな彼女にも、高校に入って初めての友達が出来た。ぎこちなさ100%コミュニケーションが始まるーー。いつも後から遅れて浮かぶ、ぴったりな言葉。さて、青春は不器用なヤツにも光り輝く……のか?
ぼくは麻理のなか(1) (アクションコミックス)
友達が一人もいない大学生の≪ぼく≫の唯一の楽しみは、コンビニで見かけた名も知らぬ女子高生を定期的に尾行すること。いつものようにその娘を尾行していたら突然記憶が飛び、≪ぼく≫はその娘のベッドで寝ていて、≪ぼく≫はその娘になっていた。その娘は≪麻理≫という名だった――。『惡の華』『漂流ネットカフェ』で話題の押見修造最新作。
漂流ネットカフェ 1 (アクションコミックス)
ふと入ったネットカフェで初恋の人に再会した土岐耕一、29歳。再会を喜ぶふたりだが、ネカフェの外の街が消えてしまった。宿命のふたりの他にネカフェに居た、オタクや暴力男、生意気な小僧やギャルにサラリーマンなど、日常では接点が無い人々を巻き込んで繰り広げられる、突発的空間断絶ラブストーリー!!

体毛のエロス・・・押見修造原作青春映画「スイートプールサイド」の剃毛映像公開! 「あたしの毛を剃ってくれない・・・?」」への4件のフィードバック

  1. ピンバック: 日本人は結局のところ生きることに臆病なんだと思う | materialize.jp

  2. ピンバック: おすすめ漫画ランキングを「108選」で紹介する | materialize.jp

  3. ピンバック: 【108選】面白い青年漫画のおすすめ一覧(ランキング形式) | materialize.jp

  4. ピンバック: 【2014年連載中】おすすめ漫画一覧(ランキング108選) | materialize.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です