コミュニケーション過剰は人類を滅ぼす?

Social Networking
Social Networking / .hj barraza

 私は小さい頃から極力他人とコミュニケーションを取りたくないと思って生きてきたので、SNSの類が大変に好きではないのだが、今ではもうTwitterfacebookmixiLINEといったコミュニケーションツールが無いととても生きられないとさえ言う人もいる。

 とにかく、気の合う仲間と、何時でも何処でも繋がっていたい。この話題ならこの仲間、あの話題ならあの仲間、常に自分の興味の対象と重なる仲間と繋がっていたい――こんな過密なコミュニケーション、私には到底耐えられないし、ちょっとおかしいんじゃない? と思う人も少なくないかもしれない。

 今や、若者を中心に、この過密に見えて、実は、一人一人の間柄はとても「ゆるい」繋がりが、急速に広がっている。リアルな会話の中でも、こんな「ゆるさ」を感じたことは無いだろうか? 面と向かって、まるでチャットをやっているようなゆるさだ。

 

 「友達は量より質だ」というのが今の時代だが、私のイメージしていた形とは少し違ったようだ。私がイメージしていた形は、2、3人の親友だけで絆を深めるような間柄を求めるものだったのだが、彼らの答えは、「ゆるさ」だった。興味のある分野分野で、コアな話を共有できる仲間を構築する。これが質。昔は本当に興味の合う人間に会うには、一人一人たくさんの人と繋がっていかなければなかなか出会えなかった。これが量。この無駄な繋がりを省いて、興味の方から検索して人を探して、新しい関係を築いていく。結果的に、無駄のない、質の高い交流がまんべんなく広がる。これが彼らの求めた形だ。

 ただ、これはおかしな話だ。「質」とは何か、という話だ。例えば、共通の好きなアニメの話ではこの世で一番盛り上がる間柄だが、他の話題は一切、そいつとはしない。別の話題は、それ専用の別の仲間とする。どうにも理解し難い。一人の人間と人間との繋がり合いの深さが「質」ではないのだろうか。どれだけ相手を思いやり、尊敬して、時にはぶつかって、多くを語り合えるか。これが「友」というものではないのだろうか。

 彼らは私と近い考えをしているようにしか思えない。私は極力他人と関わり合いたくないのだが、彼らもまたそれは同じで、結局は、対人関係が面倒なので、自分の気の合う人しかピックアップしていないだけなのではないかと思わされる。これだけ多ジャンルからSNS友達を選んでいれば、ちょっと嫌なことを言う奴がいれば、すぐにブロックしてしまえばいい。それで自分の「ゆるい」コミュニティは保たれる。また新しく興味から検索してくればいい。

 今、恋愛が流行らない時代になっているが、まさにこの感覚だと思う。一人の女、男に執着するのはとても面倒で、体力が要るし、すべての話題が共有できるわけじゃない。喧嘩してぶつかることもあるし、色々と面倒なのだ。そもそも恋愛を駆り立てる大きな心理は、「人恋しさ」だ。だが、これだけ自分を満たす分野のSNS友達がいるのなら、特定の恋人がいなくても、さみしさなんてないだろう。

 これが当たり前になっていくと、いよいよ、「人類が滅びる」と言い出す学者が登場するだろう。彼らはどこで、パートナーの大切さに気付くのか、私には想像がつかない。

(平成26年1月27日 アシベズヘア@ashibehair_m

┳ 関連記事 ━━┳

  • コミュニケーション過剰は人類を滅ぼす?
  • amazonアソシエイトの審査に落ちた理由が2点は確実に分かった件
  • そういえば子供の頃はマクドナルドが楽しくてしょうがなかった
  • 12月になってもダウンを着る時期、タイミングが掴めない・・・寒い。。。(寄稿記事)
  • 210portal「モラトリアム・エイジ」に期待してしまい、そして、嫉妬してしまう
  • マクドナルドの配達員はまだまだ教育が足りない?
  • ふなっしーに学ぶ仕事の姿勢(寄稿記事)
  • 瞳の色を好きな色に!? 「人工虹彩移植(the artificial iris implant)」は瞬く間に流行するだろう
  • 恥ずかしくない時期にダウンジャケットを着るミッションが今年も
  • Amazon発表の長年売れ続けている良書100選「オールタイムベスト小説100」は確かに読み応えがある作品ばかりだ。その中からお勧めの4選を紹介しよう。
  • 2011年スーファミ生誕20周年記念に「IGN」が発表した「スーファミ名作ランキングTOP100」、日本国内だったらどうなるの?
  • 美脚「サイギャップ(thigh gap)」、すきっ歯に続いてまた変な美のトレンドが・・・アメリカ
  • 「フードポルノ」は規制される?
  • 「折り紙の手裏剣」は何に措いても作り方を知っておいた方が良い
  • いつから「麦茶」は「貧乏」の代名詞になったのか?
  • 大人になると何故こんなにも時間が早く過ぎ去るのか?
  • 「エレベーターの開閉ボタンを押し間違えるのは、ユニバーサルデザインの問題ではない」という論文について
  • エレベーターの開閉ボタンよ、いい加減、分かり易くしてくれ!
  • 俳優・時任三郎の写真が「素人のレベルじゃない」「プロ級だ」と話題なので疑いを持って私も見てみた。私はやはり、若い人妻の生活感が溢れる写真集が見たい。
  • 今、「褒める技術」が注目されている ⇒ 褒めて褒めて業績が1.6倍になった企業も!
  • 「友だち」? 「友達」? 正しい表記はどっち?
  • 創造性の乏しい社会には助かる!? 名前からドット絵風の似顔絵を作成してくれるツール「Turn Your Name Into a Face」
  • 男女平等とは一体・・・・・・ニューヨークはおっぱい丸出しの街
  • 口笛が吹けなくなった。こんなに落ち込んだ夜はない。
  • 墓参り代行は線香もあげる!? ご先祖様はさぞ驚きだろう・・・・・・。
  • ラブホテルは何故ジャンクションやインターチェンジの近くに多いのか?
  • ラブホテルを会議部屋として使うサラリーマンが急増中・・・・・・何を打ち合わせるつもりなのか?
  • スーがスーッと消えて関西人さ?
  • コミュニケーション過剰は人類を滅ぼす?」への1件のフィードバック

    1. ピンバック: 来場30000人を予測した「PINK TOKYO」の現実は4300人という儚いものだった | materialize.jp

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です