若者はテレビが嫌いで観ていないのではない、リアルタイムに観る価値が無くなっただけだ

Television
Television / Medhi

 最近の若い人たちはテレビを観なくなった。何故だ? と各所で議論になるが、面白いテレビとつまらないテレビの比率は実は今も昔も変わらないのじゃないかと思っている。「家政婦のミタ」や「半沢直樹」、「あまちゃん」など、面白いものが放送されれば高視聴率は叩き出される。テレビに興味が無くなったわけではないのだ。

 昔は、単に娯楽がテレビしか無かった為、テレビの目の前に噛り付いて色んな番組を視聴していたが、今は家に居てもパソコンはあるしスマホはあるし、嗜好品も増えて、テレビだけに執着する必要はなくなったのが主な理由だと考えられる。

 テレビはその時その瞬間にしか観られない場合が多い為、仲間とのコミュニケーションに成り難い傾向にある、と説いたコラムニストが居たのだが、それは動画サイトの存在が払拭しているように感じる。面白い番組は動画共有サイトへアップされ、共有されて、仲間内で話題になる。

 ※アップは違法です、視聴は合法だけど
  ⇒「動画共有サイト(YouTube、ニコニコ動画など)へのリンク/埋め込みは著作権侵害となるか? ⇒ならないが・・・

 今の若者は、賢くなったのだと思う。無駄を無意識のうちに排除しているというか、テレビという映像の垂れ流しをただ受動的に観ているのではなくて、自ら能動的にパソコンやスマホなどで情報を取捨選択するようになった。そこに動画も含まれるのだから、テレビが嫌いになった訳じゃないってことだ。自分の大事な24時間を無意識のうちに有意義なものに整形しようとしている。だから、自分にとって不要な情報が流れるテレビはリアルタイムに観るに値しないのだ。時間の浪費なのだ。

 ゴールデンタイム、ノンプライムタイムでのギャラの違いがほとんどない、とマツコ・デラックスが嘆いていたが、もう視聴者には放映時間は関係なくなってきている。面白いと評判のものを「後から」観る。

 取捨選択に慣れた世代へ提供する究極の満足とは果たしてなんだろうか。

(平成26年1月17日 アシベズヘア@ashibehair_m

若者はテレビが嫌いで観ていないのではない、リアルタイムに観る価値が無くなっただけだ」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 今の若い世代は合理的になって心が無くなった? | materialize.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です