ブログ時代は終わらない、一億人の情報を求める時代が来る

Visita mi blog
Visita mi blog / CREEPETZ

 どこの馬の骨とも分からない素人の日記ブログを読んでも面白くもなんともない。これは言うまでもない当然のことだ。その人が構築した狭いコミュニティでしか分からないようなことしか書いてないんだから。

 そんなクソつまらない日記たちは今はmixifacebookなどのSNSへ移動していった。より閉じた空間でより密なローカルネタを書きやすくなった為、ブログ全盛期よりも素人の書く日記は致命的につまらなくなった。まあ、これについてはどうでもいい。

 重要なのは、残されたブログだ。Googleやyahooなど検索で見つけられるブログたち。まんしゅうきつこ犬山紙子のようなブロガーが登場するのはもちろん稀だろうが、そこまでではなくても、残されたブログらは「情報」という新しいメディア時代の価値を見出せる可能性を多分に秘めている。

 今は誰でもWEBライターになれる時代だ。個人の今まで通りの日記にしてしまえばもうそれまでだが、例えば近所のローカルお祭りに行ったとしただけでも、そのお祭りの起源だったり歴史だったりをちょっとひも解いて書いてみるだけで、その個人ブログはローカル情報を発信するメディアになるわけだ。あるいはその土地にしかない料理の歴史やレシピを載せるだけでも同様だ。

 何もメディアというのは大衆に受け入れられるものだけをいうのではなくて、1%、いやもっと少ないターゲットが相手であっても、必要とされる情報を発信できればそれはもう立派なメディアだと胸を張って言っていいだろう。「お祭りに行った」「面白かった」ではなくて、「このお祭りはああでこうで」「今はこうだけど昔はああで」なんて、地方に根付いた人でしか知り得ない情報というのは腐るほどあるはずなので、それを発信するだけで誰かには必ず需要があるはずなのだ。山奥に不法投棄されている現状を日々綴ってもいいと思う。それはもう報道だと言っても過言ではない。

Mizuka taking pictures for her blog
Mizuka taking pictures for her blog / Joi

 何年か前に、軽度の知能障害に人生を悩まされているギャルの女の子を一年ほど追いかけていたことがあったのだが、この女の子が書いているのは日々の出来事だったが、その女の子には「障害に負けたくないと強がって自分のように生きている人がいるんだから他の人たちも頑張ってよ私も頑張るから」というメッセージを発信するという目的があった。

 需要はあまりなかったようでアクセスも少なかったが、私と同じような人らが興味を持って毎日見ているようだった。私はこの女の子が書いている内容は一人の人間の立派な伝記だと思った。その時に自分には経験できないことをこの女の子は経験していてそれに向かい合っている日々の記録、一億人いれば一億通りの伝記が存在する。悩み、苦しみを味わったその体験は、過去に似たような体験をした人がいる。その人はどうやって克服したか、どうやって向かい合ったか、先人の体験は人間にとって最も重要な情報ではないかとこの時思ったのだ。全力教室でのIKKOの授業が話題になったばかりだが、そういった有名人の体験談、エッセイだけが重要ではないのだ。

 一億人がブログを書き始め、例えば過去の経験、そこから学んだ教訓、知恵を発信するようになれば、ものすごく巨大な人間の叡智が構築されることだろう。自分には何もないと言う人が多いが、何もないと思うまでに至った経験は、その劣等感を得るまでに至った体験は、未来を生きようとする後輩たちへの立派な情報源となるのだ。

 私は全ての人間の人生を観てみたい。電波少年Tプロデューサー一生を映像化するという事業を立ち上げたが、どんな人でも良いドラマが映像が出来上がると言っていた。どんな人の人生もすべては意味のあるもので、それを発信することには無限の価値があるのだと私は信じて疑わない。

 私がNEET株式会社の「モラトリアム・エイジ」に期待してしまうのは、社会不適合者という側面に陥った人生観をありのままに発信してくれる可能性があるからだ。今の自分には無い側面かもしれないが、明日は分からない。未来に、自分が同じような状況に陥った時、彼らの本音の叫びは思わぬ形で助けになるかもしれない。だから単なる娯楽マガジンに成り下がらないことを願っている。

 難しいと思うが、全ブログが年齢、職業、性別などで検索できたら面白い。有名人の体験談は少数の憧れる存在であって、やはり最も身に沁みるのは、同じような量産された一般市民の体験だと思う。ブログ時代は終わったと語られてから、どれだけが経ったか? 一向にブログは終わらない。それはやはり、人間一人一人の情報の面白さがあるのだと思う。人間=情報。これからの時代のブログは、今まで以上に一人一人の情報を求められるような気がする。

(平成26年1月6日 アシベズヘア@ashibehair_m

note版:ブログ時代は終わらない、一億人の情報を求める時代が来る

ブログ時代は終わらない、一億人の情報を求める時代が来る」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: 今の若い世代は合理的になって心が無くなった? | materialize.jp

  2. ピンバック: 遅いレジ打ちが気にならなくなったのは、現代における時間の概念が変わったからか? | materialize.jp

  3. ピンバック: 体毛のエロス・・・押見修造原作青春映画「スイートプールサイド」の剃毛映像公開! 「あたしの毛を剃ってくれない・・・?」 | materialize.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です