学校教育から子供たちを救え! 背中を見せても育てられない大人たちばかりになった日本という国

Question and Answer time
Question and Answer time / Daa Nell

 日本の学校は生徒が疑問に思うこと、生徒の自発性を抑圧するような態度を教師に取らせていると常々思う。

 教師が予習して臨んだ授業に対して生徒が無邪気な質問をしても、それが教師の想定の範囲に収まっていない質問なら、それを何らかの形で無視する、破棄する慣習が出来上がってしまっている。それを生徒、子供たちは学習してしまい、いつしか疑問を抱いてもそれを教師に、そして大人たちにぶつけなくなる。非常に悪しき慣習が出来上がってしまっているのが日本の教育だ。

 私が塾の講師をしているときに一人の生徒が、学校の教師が耳を傾けもしてくれなかったというある疑問、質問を投げかけてきた。私も即答できなかったので、「時間をくれ」と断りを入れてから、丁寧に回答してあげたのだが、この生徒、中学三年生の男の子なのだが、想像していた以上に、喜んでいた。

 彼が言うには、学校は当然のこと、こんなに丁寧に質問に答えてくれる「大人」はいなかったと言うのだ。それから少しずつ私の下に質問、疑問をぶつける子供たちが増えていった。そう、子供たちは、大人が「そういうものだから」と吐き捨てるものに対して無邪気に疑問を抱き、そして素直にそれを知りたいのだ。

 社会人になっても日本人が消極的なのは、暗黙の了解を大人が子供たちに刷り込んだからだ。そして阿吽の呼吸が美だと思っている日本全体がおかしいのだ。リタイアして、老後に小中の学習を行う人が少なからずいる、主婦になってから学習する人も多い。そういう人たちは決まって「今になって勉強が楽しいと思う」と言うのだ。これは何故か? 疑問に答えてくれる人が周りにできたのと、社会経験から小さい頃の疑問が解消されているからだ。

 つまり、無視されない、疑問を肯定し回答してくれる、もしくは答えの導き方を一緒に考えてくれる環境であれば、勉強は楽しいということだ。疑問を否定され、とにかくおまじないのように「こういうものだ」と刷り込まれてきて、勉強が楽しいわけがなく、つまらないということは何も身につかないということだ。

A New Japanese 7th Grade Classroom
A New Japanese 7th Grade Classroom / A is for Angie

 日本の大学生のレベルが低いのは、大学のカリキュラムが自主性を重んじるからだ。授業の選択、研究。疑問に思い質問し調べ解決していくというプロセスを否定され続けた日本の子供たちは、突如許された環境に戸惑うことしかできず、とにかく最低単位を取得し如何にサボるかを考え、そして何も身につけぬまま卒業していく。

 いつしか、分からないこと、疑問を抱くことがまるで「悪」であるかのような風潮さえ生まれている。「そんなことも分からないのか」「もっと勉強しろ」、これはつまり、一人で解決しろ、と言っている。一方的に聞き入れて自分一人だけで消化吸収し次のステップへ行けと言っている。これが何を生み出すか、想像するだけでも恐ろしい。

 日本の教育はもう変わらない。それこそ革命でも起こらない限り。なので、学校教育から子供たちを救い出すことを真剣に考えていくべきだ。この国は、死にゆく老害どもに金を掛け、未来のある子供たちに金を掛けない。日本という国に期待するのもバカというものだ。

 子供の疑問を吐き捨てる学校の代わりに、それに答えてやる社会が必要だ。学校の外なら応えてくれる、せめてその救いを用意してやるべきだ、早急に。大人の背中を見て育つ時代は終わった。背中が粗末な大人ばかりの時代だということを認識しなければならない。

 株式会社ユビキタスエンターテインメント清水亮氏が似たようなことをTwitter(@shi3z)で呟いていたので、以下に引用する。

(アシベズヘア@ashibehair_m

┳ 関連記事 ━━┳

  • 学校教育から子供たちを救え! 背中を見せても育てられない大人たちばかりになった日本という国
  • 年収2000万円のエスパー伊東を笑うことはできない、彼から人間らしさを学ぶべきだ
  • 1908万人の非正規労働者、彼らは本当に正規雇用を望んでいるか? 「プア充」へ
  • 若者「才能豊かに生きる」 vs ジジイ「堅実に生きる」
  • 小五の誕生日プレゼントは「ラサール石井のチャイルズクエスト」だった
  • 学校の教科書に載っているような物語を読ませただけで子供の感性が豊かになると語るな
  • 一流のリーダーは「飲みニケーション」などしない
  • 「デスクが汚い人はクリエイティブ」米ミネソタ大学の研究結果
  • 面白ければ学び成長する、面白ければ人が集まる
  • みんな平等に持っている24時間をどう使うか、村上龍の才能論。そして「NEET株式会社」。
  • 創造性の乏しい社会には助かる!? 名前からドット絵風の似顔絵を作成してくれるツール「Turn Your Name Into a Face」
  • 失敗が許されない社会なのではなく、単に希望がない?
  • 褒めて伸ばすのではなく、矢作流「小木のやりたいことはなるべくやらせてやりたいと思っているからな」で伸ばす
  • 学校教育から子供たちを救え! 背中を見せても育てられない大人たちばかりになった日本という国」への5件のフィードバック

    1. ピンバック: materialize.jp » 年収2000万円のエスパー伊東を笑うことはできない、彼から人間らしさを学ぶべきだ

    2. ピンバック: materialize.jp » 一流のリーダーは「飲みニケーション」などしない

    3. ピンバック: materialize.jp » 「惡の華」を読む、個人を殺して皆に従う社会をいつまで日本は続けるのか

    4. ピンバック: 「惡の華」を読む、個人を殺して皆に従う社会をいつまで日本は続けるのか | www.materialize.jp

    5. ピンバック: 日本人は結局のところ生きることに臆病なんだと思う | materialize.jp

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です