1908万人の非正規労働者、彼らは本当に正規雇用を望んでいるか? 「プア充」へ

Japan - Shibuya Crossing
Japan – Shibuya Crossing / Shaon Diwakar

 総務省が2013年7~9月期の労働力調査を発表したが、これによるとパートや派遣社員などの非正規労働者は約「1,908万」人だったらしい。集計を開始した2002年1~3月期以降、これは最多だったというのだ。

 なぜ非正規の仕事をしているのか? というある機関の調査結果を見てみると、「正規雇用の仕事が無いから」「自分の都合の良い時間に働きたいから」「勤務時間・休日などが希望と合わないから」という回答が多数を占めていた。

 仕事が無い、という理由ばかりだろう、と思っていたら、自分のライフスタイルを優先した結果の選択であるという人が、思っていた以上に割合を占めていた。これには驚きだ。確かに、今の時代、新卒で就職しても、三年も経たずに転職する割合がかなり増えてきているし、転職して、それからまた三年も経たずして転職するという人も、もう珍しくない。私も過去に5社くらい転職したが、そういうことが恥ずかしくない世代だ。

 非正規雇用は賃金面では非常にプアだが、正規雇用はその属した会社に魂を売っているようなものなので、その代償として賃金が高いと考えれば、自由と引き換えというのは、今の世代の考え方として納得がいく。人生を会社に捧げるか、ささやかな個人の満足を追求していくか、後者に幸せの在り方が傾き始めているのだろう。これは正しい選択に思えてくる。

 一度しかない人生、色々なことを謳歌して楽しくストレスフリーに生きたいだろう。下らない会社に縛られて生きるくらいなら、賃金の低さと引き換えに自由を手にしたいだろう。ブラック企業が今更になって話題になる、こんな会社、過去から山のようにあったはずだ。人としてどう生きるべきなのか、という考えを当たり前に持てる社会にやっとなったのか。一昔前なら、務め上げて当然、だったわけだ。

 「プア充」

 宗教学者の島田裕巳が提唱している言葉である。「お金」よりも「自己の自由な時間」を優先して、そのゆとりの中で充足感を得ているのが「プア充」だ。1908万人、「プア充」を目指し始めている?

(アシベズヘア@ashibehair_m

┳ 関連記事 ━━┳

  • 1908万人の非正規労働者、彼らは本当に正規雇用を望んでいるか? 「プア充」へ
  • 若者「才能豊かに生きる」 vs ジジイ「堅実に生きる」
  • 小五の誕生日プレゼントは「ラサール石井のチャイルズクエスト」だった
  • 学校の教科書に載っているような物語を読ませただけで子供の感性が豊かになると語るな
  • 一流のリーダーは「飲みニケーション」などしない
  • 「デスクが汚い人はクリエイティブ」米ミネソタ大学の研究結果
  • 面白ければ学び成長する、面白ければ人が集まる
  • みんな平等に持っている24時間をどう使うか、村上龍の才能論。そして「NEET株式会社」。
  • 創造性の乏しい社会には助かる!? 名前からドット絵風の似顔絵を作成してくれるツール「Turn Your Name Into a Face」
  • 失敗が許されない社会なのではなく、単に希望がない?
  • 褒めて伸ばすのではなく、矢作流「小木のやりたいことはなるべくやらせてやりたいと思っているからな」で伸ばす
  • 1908万人の非正規労働者、彼らは本当に正規雇用を望んでいるか? 「プア充」へ」への4件のフィードバック

    1. ピンバック: materialize.jp » 年収2000万円のエスパー伊東を笑うことはできない、彼から人間らしさを学ぶべきだ

    2. ピンバック: materialize.jp » 学校教育から子供たちを救え! 背中を見せても育てられない大人たちばかりになった日本という国

    3. ピンバック: 日本人は結局のところ生きることに臆病なんだと思う | materialize.jp

    4. ピンバック: 遅いレジ打ちが気にならなくなったのは、現代における時間の概念が変わったからか? | materialize.jp

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です