「デスクが汚い人はクリエイティブ」米ミネソタ大学の研究結果

Dan Zen Desk
Dan Zen Desk / Dan Zen

 日本ではデスクが汚い人はだらしなく仕事もできないような印象を持たれがちだが、実はそういう人こそクリエイティブな仕事(発想)ができるという研究結果が米ミネソタ大学から発表された。

 研究の内容は、きちんと整理されたオフィスのグループと、ぐちゃぐちゃなオフィスのグループに被験者を分け、同じ課題でアイデアを考えてもらうというもの。結果は、後者のグループの方が前者のグループよりも発想豊かな面白く斬新なアイデアが遥かに多かった。人は雑然とした環境に身をおいた方がより独創的になり、斬新で豊かなアイデアを得やすく、新しいものに対してオープンな考えになる傾向があるとのこと。

 これは確かに分からなくもない。すべてが整理整頓されているというのは、ある決まった位置にあるルールの基に整理されているということだから、そのルールから逸脱してはいけないという心理が働いてもおかしくない。

 日本の学校、企業もそうだが、校則、社則によって服装や髪型に制限が掛けられていて、小さい頃よりそのルールから逸脱できない心理を植え付けられていると思う。そのルールの延長にある創造はできても、革新的なものは忌み嫌われてしまう、これはこれからのサービス社会にとってはかなり不利なことじゃないかと思う。

 今私たちの周りの格段に便利になったと思うサービスは、ほとんどが海外の発想で出来ているように思う。iPhone、Android、Amazon、Google、きちんと、きっかりとしたものが作れる、手堅い生き方しかできない日本。

 面白いのは、アニメや漫画のクレイジーさが海外でウケるのは、日本人の抑圧された衝動の表れじゃないのかってことだ。普段は規律、ルールに縛られているから、空想社会で爆発させる。今、漫画家になりたいというような一人でやる仕事、一発当たる仕事への人気も下がっているから、いよいよ日本はどうなるんだろうかと不安になる。

 なんらかの規律に縛られたままというのは、いつまでも古いということだと思う。世界から見た日本はどうなんだろう? これは贅沢なことなのだろうか。

(平成25年10月7日 アシベズヘア@ashibehair_m

note版:「デスクが汚い人はクリエイティブ」米ミネソタ大学の研究結果

「デスクが汚い人はクリエイティブ」米ミネソタ大学の研究結果」への8件のフィードバック

  1. ピンバック: materialize.jp » 面白ければ学び成長する、面白ければ人が集まる

  2. ピンバック: materialize.jp » 集団登校の形が間違っている、今の集団登校は死のリスクを高めているだけだ

  3. ピンバック: materialize.jp » 一流のリーダーは「飲みニケーション」などしない

  4. ピンバック: materialize.jp » 学校の教科書に載っているような物語を読ませただけで子供の感性が豊かになると語るな

  5. ピンバック: materialize.jp » 年収2000万円のエスパー伊東を笑うことはできない、彼から人間らしさを学ぶべきだ

  6. ピンバック: materialize.jp » 「惡の華」を読む、個人を殺して皆に従う社会をいつまで日本は続けるのか

  7. ピンバック: ブログ時代は終わらない、一億人の情報を求める時代が来る | materialize.jp

  8. ピンバック: 褒めて伸ばすのではなく、矢作流「小木のやりたいことはなるべくやらせてやりたいと思っているからな」で伸ばす | materialize.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です