今、「褒める技術」が注目されている ⇒ 褒めて褒めて業績が1.6倍になった企業も!

Office Building
Office Building / arnet117

 今、「褒める技術」が注目されている。褒めて伸ばす、褒めたら伸びる、という精神論ではなく、「技術」として注目を浴びている。

 ある日本企業の会社員、約1000人を対象にした研究では、この技術を習得した”褒める”上司の元で働いた部下は、モチベーションが上がり、仕事の業績も上がるという結果となり、まったく”褒めない”上司の元で働いた部下は、モチベーションが下がり、業績も下がるという結果になった。何とも分かり易い単純な結果だ。

【”褒める”上司の元で働いた部下】
・モチベーションが上がる
・業績が上がる

【”褒めない”上司の元で働いた部下】
・モチベーションが下がる
・業績が下がる

 何故、業績まで上がったのかというと、人は叱られると視野が狭くなり、二度と叱られないように叱られた所だけをとにかく直そうとするが、褒められるともっと褒められたいと思って、褒めらた所以外までも自発的に直すようになる。自己改善行動が高まりモチベーションも上がる為、仕事の生産効率も上がり、業績に繋がったというわけだ。

 これらの研究結果を受けて、住友生命保険相互会社や株式会社NTTぷららなどの大手も「褒める技術を習得する研修」を導入。導入した企業のうち、中には三か月で売り上げをなんと「1.6倍」までアップさせた企業もあったという。

 褒めて伸ばす、褒めたら伸びる、これは理屈では分かっていても、なかなか実践するのは難しいものだ。対象の相手を見つめ直し、良い所を発見しなければならないというのが一番難しい課題だ。人間は、本能的にプラスの部分よりマイナスの部分を見つける方が簡単で、つまり短所を見つける方が人間にとっては簡単。小言、嫌味ばかり言うのは人間には容易いことなのだ。褒めるには、技術がいる。

 では、どうやって褒めるか?

 その短所こそが、褒めるポイントだ。人間は短所を見つけるのが得意なわけだから、褒めるポイントを見つけるのはみんな得意ということだ。問題は、その言葉の選び方である。例えば、

 (短所)空気を読めない ⇒ (褒めるポイント)人に流されない信念がある
 (短所)でしゃばり   ⇒ (褒めるポイント)世話好きで行動力がある
 (短所)せっかち    ⇒ (褒めるポイント)無駄がない

 というように、短所は必ず褒めるポイントになっている。「褒める技術」の習得とは、「言葉の変換力」の習得なのだ。

 褒めることは簡単なことではない。褒めた方がいい、誰もが感じていることだ。褒める、その行為には希望が満ちているように思う。先日、”創造性の乏しい社会には助かる!? 名前からドット絵風の似顔絵を作成してくれるツール「Turn Your Name Into a Face」”の記事にも書いたが、今の日本には褒める社会が必要なのかもしれない。この閉塞した状況を打破する為に。大袈裟か。

(平成25年8月17日 アシベズヘア@ashibehair_m

note版:今、「褒める技術」が注目されている ⇒ 褒めて褒めて業績が1.6倍になった企業も!

今、「褒める技術」が注目されている ⇒ 褒めて褒めて業績が1.6倍になった企業も!」への16件のフィードバック

  1. ピンバック: materialize.jp » 面白ければ学び成長する、面白ければ人が集まる

  2. ピンバック: materialize.jp » 集団登校の形が間違っている、今の集団登校は死のリスクを高めているだけだ

  3. ピンバック: materialize.jp » 一流のリーダーは「飲みニケーション」などしない

  4. ピンバック: materialize.jp » 俳優・時任三郎の写真が「素人のレベルじゃない」「プロ級だ」と話題なので疑いを持って私も見てみた。私はやはり、若い人妻の生活感が溢れる写真集が見たい。

  5. ピンバック: materialize.jp » 「折り紙の手裏剣」は何に措いても作り方を知っておいた方が良い

  6. ピンバック: materialize.jp » 「フードポルノ」は規制される?

  7. ピンバック: materialize.jp » 「エレベーターの開閉ボタンを押し間違えるのは、ユニバーサルデザインの問題ではない」という論文について

  8. ピンバック: materialize.jp » 口笛が吹けなくなった。こんなに落ち込んだ夜はない。

  9. ピンバック: materialize.jp » 美脚「サイギャップ(thigh gap)」、すきっ歯に続いてまた変な美のトレンドが・・・アメリカ

  10. ピンバック: materialize.jp » 2011年スーファミ生誕20周年記念に「IGN」が発表した「スーファミ名作ランキングTOP100」、日本国内だったらどうなるの?

  11. ピンバック: materialize.jp » ふなっしーに学ぶ仕事の姿勢(寄稿記事)

  12. ピンバック: materialize.jp » 恥ずかしくない時期にダウンジャケットを着るミッションが今年も

  13. ピンバック: materialize.jp » 「友だち」? 「友達」? 正しい表記はどっち?

  14. ピンバック: materialize.jp » 12月になってもダウンを着る時期、タイミングが掴めない・・・寒い。。。(寄稿記事)

  15. ピンバック: そういえば子供の頃はマクドナルドが楽しくてしょうがなかった | materialize.jp

  16. ピンバック: 来場30000人を予測した「PINK TOKYO」の現実は4300人という儚いものだった | materialize.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です