創造性の乏しい社会には助かる!? 名前からドット絵風の似顔絵を作成してくれるツール「Turn Your Name Into a Face」

16-Bit Pixel Portrait Mahatma Gandhi
16-Bit Pixel Portrait Mahatma Gandhi / ssoosay

 SNSなど、プロフィール画像を設定する機会は多いと思う。facebookでも自分の写真を掲載するのは抵抗があるのだが、みんなはどうしているのだろうか。私は小学生の頃から自画像(似顔絵)をユニークに表現するという美術系の授業がすごい苦手で、未だにプロフィール画像の設定みたいな自分を表現するキャッチーな画像を考えるのがとても苦手で億劫だ。

 WordPressにもプロフィール画像の設定があるが、未だに設定していない。今考えているのは、少年アシベの目に黒線を入れてやろうかというものだ。さすがに躊躇っている。

 そんな折、随分と昔のネタだが、思い出したのもがある。それは、名前からドット絵風の似顔絵を作成してくれるツール「Turn Your Name Into a Face」だ。

 このサイト、開くと入力欄と広告のみで味気ない。

 で、早速、WordPressのプロフィール画像の候補に、「アシベズヘア」と入力してみた。結果は以下だ。

ashibehair01

 いや、これは似てない。女生徒にセクハラする体育教師みたいで嫌悪感がすごい。では、「ashibehair」ではどうか。

ashibehair02

 まるで犯罪者だ。もう諦めた。最後に、「Mahatma Gandhi」を見てみる。

mahatma_gandhi

 お、ちょっと似てる!

 ・・・・・・さて、自己を表現するということに対して、苦手意識を持ったのは小学生になってからだった。幼稚園生の頃は、そういう意識はなく、お絵かきの時間や工作の時間に本当に好きなものを奔放に表現できていたと思う。主に迷路と爪に針が刺さるという絵ばかり描いていたが。。。

 元々自分には才能がなかった、というだけのことなのかもしれないが、こじつけかもしれないが、学校教育の自由の無さが招いた結果かと思うことがある。英会話が分かり易いのだが、幼少時は耳で聞くだけで真似している為、非常にきれいな発音ができるのだが、学校教育で発音記号を日本語音で覚えたり片言の発音しかできない教師の後に復唱させられたりすることで、良い感覚が失われていくという現象だ。自由な発想が決められた発想に矯正(強制)されていくのだ。これはよくよく考えると恐ろしい洗脳だ。

 美術や工芸に苦手意識を持ってしまうのも、技法などが勉学であり、決められた枠の中で優劣を決められてしまうからだ。芸術家が成功するのは、自己は自己で貫けるだけの精神力があるからで、そうでなければ、劣等感だけを持って学校教育を終えてしまうといっても過言ではないと思っている。そもそも「劣」を決める必要が何故あるのか。

 私は、学校の授業で「段ボールを使いましょう」や「絵の具で描きましょう」などと指示されたら、全然違う紙を使ってみたり絵の具にマジックを混ぜてみたりして反抗していたのだが、そもそもなぜ注意をされなきゃならんのか、という想いからのことだった。日本の教育は、こうでなければなりません、教育で、こういう方法やこういった可能性があるよ、という、視野を広げてあげる教育ではないのが、本当に悪いところだ。あれはダメ、これはダメ、の日本。日本のクリエーターがなかなか世界に飛び立てないのは、こういった決められた枠組みの中でしか褒められてこなかったからではないかと思う。新しいものが怖いというか、みんなと違うことをやって褒められているシーンを、あまり見たことが無い。新しいことをしようとする芽を潰されているようだ。

今の歳になって思うのは、より広い視野でより柔軟な思考で様々なことを縛られずに経験すればよかったということ。これからの子供たちには是非そうしてもらいたい。それには褒める社会が必要なのかもしれない。あれはダメだこれはダメだで、選択肢、可能性を成長と共にひとつずつ潰していく社会ではなく。

先日、”褒めて伸ばすのではなく、矢作流「小木のやりたいことはなるべくやらせてやりたいと思っているからな」で伸ばす”の記事の中で、私が塾講師だった頃に出会った男子中学生の受験について書いたが、大人が子供に可能性を示してあげない、ましてやその可能性を潰す、というのは、大変な罪なことだと改めて思わされる。これは、大人と子供という関係だけではないのかもしれないが。

(平成25年8月16日アシベズヘア@ashibehair_m

note版:学校は子供に「苦手意識」を植え付ける

創造性の乏しい社会には助かる!? 名前からドット絵風の似顔絵を作成してくれるツール「Turn Your Name Into a Face」」への20件のフィードバック

  1. ピンバック: materialize.jp » 今、「褒める技術」が注目されている ⇒ 褒めて褒めて業績が1.6倍になった企業も!

  2. ピンバック: materialize.jp » 「エレベーターの開閉ボタンを押し間違えるのは、ユニバーサルデザインの問題ではない」という論文について

  3. ピンバック: materialize.jp » いつから「麦茶」は「貧乏」の代名詞になったのか?

  4. ピンバック: materialize.jp » 褒めて伸ばすのではなく、矢作流「小木のやりたいことはなるべくやらせてやりたいと思っているからな」で伸ばす

  5. ピンバック: materialize.jp » 一流のリーダーは「飲みニケーション」などしない

  6. ピンバック: materialize.jp » 小五の誕生日プレゼントは「ラサール石井のチャイルズクエスト」だった

  7. ピンバック: materialize.jp » 「フードポルノ」は規制される?

  8. ピンバック: materialize.jp » 墓参り代行は線香もあげる!? ご先祖様はさぞ驚きだろう・・・・・・。

  9. ピンバック: materialize.jp » 2011年スーファミ生誕20周年記念に「IGN」が発表した「スーファミ名作ランキングTOP100」、日本国内だったらどうなるの?

  10. ピンバック: materialize.jp » エレベーターの開閉ボタンよ、いい加減、分かり易くしてくれ!

  11. ピンバック: materialize.jp » 年収2000万円のエスパー伊東を笑うことはできない、彼から人間らしさを学ぶべきだ

  12. ピンバック: materialize.jp » 210portal「モラトリアム・エイジ」に期待してしまい、そして、嫉妬してしまう

  13. ピンバック: materialize.jp » 口笛が吹けなくなった。こんなに落ち込んだ夜はない。

  14. ピンバック: materialize.jp » 恥ずかしくない時期にダウンジャケットを着るミッションが今年も

  15. ピンバック: materialize.jp » 「惡の華」を読む、個人を殺して皆に従う社会をいつまで日本は続けるのか

  16. ピンバック: amazonアソシエイトの審査に落ちた理由が2点は確実に分かった件 | materialize.jp

  17. ピンバック: コミュニケーション過剰は人類を滅ぼす? | materialize.jp

  18. ピンバック: 体毛のエロス・・・押見修造原作青春映画「スイートプールサイド」の剃毛映像公開! 「あたしの毛を剃ってくれない・・・?」 | materialize.jp

  19. ピンバック: 来場30000人を予測した「PINK TOKYO」の現実は4300人という儚いものだった | materialize.jp

  20. ピンバック: 今、「褒める技術」が注目されている ⇒ 褒めて褒めて業績が1.6倍になった企業も! | materialize.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です