カテゴリー別アーカイブ: 自社アプリ

【第九回】北九州市自分史文学賞→林芙美子文学賞|「自分史年表」を書く|Chroniclize(Android/iOS)

自分史を自分の好きなテーマで自由に書いていると、あるところで、ふと気が付くことがある。

「これは小説のプロットを書いているのと同じではないか?」

続きを読む

【第八回】愛した他人史、愛するペット史|「自分史年表」を書く|Chroniclize(Android/iOS)

「自分史」に囚われると自分のことがどうしても基準になってしまうのだが、「自分史年表 -Chroniclize-」アプリでは、「題名(タイトル)」の変更が可能なので、一人称ではない年表を作成することに抵抗がなくなると思う。

例えば、「大タモリ年表」というものがある。

続きを読む

【第七回】「自分史」のイメージに囚われないで|「自分史年表」を書く|Chroniclize(Android/iOS)

なかなか書けないという人は、「自分史」という表現が、世界を限定しているのかもしれない。

偉人の伝承記であれば、それは「偉人伝」であり、それが自分であれば、「自伝」だ。

内容はとにかく自由だ。

自分の人生を書きたいように書けばいいわけだから、「題名(タイトル)」も自分に見合ったものに変えることから、始めてみたらどうだろうか。

続きを読む

【第六回】自分の誕生は探るしかない|「自分史年表」を書く|Chroniclize(Android/iOS)

自分の誕生を克明に記憶している人は、特殊な能力を持った人(飛影とか)を除いて、ほとんどいないだろう。

自分はどこで、どうやって生まれたのか、望まれていたのか、波乱があったのか。物心つくまでの自分の人生は、人から探るしかない。

続きを読む

【第五回】私の×××遍歴 NO ×××,NO LIFE!|「自分史年表」を書く|Chroniclize(Android/iOS)

何も、「自分自身の出来事」だけから年表を作成することはない、その時々の「社会的な出来事」からも人生を振り返ることは可能だ。

そして、この「社会的な出来事」というのは、「日本史」や「世界史」のことだけを言っているのではない。

続きを読む