カテゴリー別アーカイブ: HTML5

夏休み限定で無料WEB公開中の宿題サポートアプリ「さんすう・どっと」に、「かけざん」機能を追加


さんすう・どっと / 宿題サポートアプリ

NewsRelease

2014年8月23日(土)
合同会社materialize


夏休み限定で無料WEB公開中の宿題サポートアプリ「さんすう・どっと」に、「かけざん」を追加
 ~九九を使わずに「かけざん」の概念を子供に理解してほしい~


IT関連事業を手掛ける合同会社materialize(所在地:大阪府大阪市、代表社員:中島康幸)は、夏休み期間限定でWEBに無料公開している開発中の宿題サポートアプリ『さんすう・どっと』に、8月22日(金)から「かけざん」の機能を新たに搭載しました。

『さんすう・どっと』は、目に見えない数の概念を「ドット」を用いて「見える化」することで、子供の数への興味と理解を深めることを目的とした宿題サポートアプリです。

今回新たに搭載した「かけざん」機能も、ドットのまとまりを忍者の「分身の術」に見立てて表現しています。例えば、「10×3」の場合、まとまった「10のドット」を「3つ」に分身させて、合わせて「30」になるという表現になっています。

九九を「単なる言葉」として暗記してしまう前に、九九を使わずに「かけざん」そのものの概念を子供に理解してほしいという思いから生まれたアイデアです。

『さんすう・どっと』は、まだ開発中のアプリで、現在、「わりざん」機能の実装を進めています。また、小学生の夏休みの宿題(算数)に活用してもらうことを目的に、開発中の状態で、期間限定として8月31日(日)までアプリをWEBに無料で公開しています。

随時、ユーザーからの改善要望をFacebookページにて受け付けており、9月上旬にブラッシュアップされた製品版の販売開始を予定しています。スマートフォン、タブレット向けに、Android版、iOS版を配信します。

■アプリ無料公開先(WEBサイト)■
http://www.materialize.jp/kids/dot/

■改善要望受付窓口(Facebookページ)■
https://www.facebook.com/sansudot

■会社概要■
合同会社materialize
〒542-0081
大阪府大阪市中央区南船場4丁目10番5号
南船場SOHOビル702
代表 中島康幸
06-6793-7576
info@materialize.jp
http://www.materialize.jp

■問い合わせ先■
担当 中島康幸
06-6793-7576
info@materialize.jp

「AAC(.m4a)」の「MIMEタイプ」は不統一


HTML5 Games: Creating Fun with HTML5, CSS3, and WebGL / Jacob Seidelin

例えば、HTML5 Audioでクロスブラウザを前提に音楽を再生する場合、WEBブラウザがサポートしている音声ファイル形式をJavaScriptなどで事前に識別しておくこともあると思います。

識別にAudio.canPlayType()を使う場合、引数に「MIMEタイプ」が必要となります。

この「MIMEタイプ」、「MP3」や「Ogg」は定義が統一されていますが、「AAC」は、「MIMEタイプ」が不統一で、とても厄介です。

続きを読む

WEBブラウザが対応している音声ファイル形式を、JavaScriptで識別する


The Web Game Developer’s Cookbook: Using JavaScript and HTML5 to Develop Games (Game Design) / Evan Burchard

HTML5 Audioでの音声ファイル再生は非常に簡単で、僅か、以下の2行のコードだけで音を鳴らすことが可能です。

[javascript firstline=”1″ highlight=”” title=”main.js”]
var audio = new Audio( "./sound/chime.ogg" );
audio.play();
[/javascript]

Audioの引数に「音声ファイルのパス」を渡すだけで再生が可能なのです。本当に便利な世の中になりました。

HTML5 Audioの登場によって、クロスブラウザ対応によるゲーム開発なども盛んになってきました。しかし、現状では、ブラウザ毎に対応している音声ファイル形式が異なるという問題があります。

続きを読む

「MP3」を「AAC(.m4a)」に変換する


AudioPlayer / Bytemystery

HTML5 Audioの登場で、近頃は、クロスブラウザ対応によってゲームを開発することも多くなったと思います。

ゲーム音源に「MP3」を採用しておけば、IEやFirefox、Google Chromeなどといった主要ブラウザはもちろんのこと、iOSやAndroidのスマートフォンブラウザにも対応することが可能です。

しかし、「MP3」をゲームに使う場合、5,000本以上の配布で2,500USドルのライセンス実施料が必要になるという厄介な制約があり、ゲーム音源にライセンス実施料が必要ない「Ogg」を使うこともゲーム業界では多くなったといいます。

ゲームに「MP3」を使うのちょっと待った! ライセンスの問題とは?
http://www.materialize.jp/art/software-services/6892/

「Ogg」を使えば万事解決だ! と思いきや、この「Ogg」、非サポートのブラウザが存在します。

続きを読む

「MP3」を「Ogg」に変換する


Ogg / James Gault

「MP3」の特許を主張する企業がライセンスを求めるようになって久しいです。

例えばゲームに「MP3」を使用する場合、5,000本以上の配布で2,500USドルのライセンス実施料が必要になります。

ゲームに「MP3」を使うのちょっと待った! ライセンスの問題とは?
http://www.materialize.jp/art/software-services/6892/

ならば、「MP3」以外の音源を使えばいいです。ライセンス実施料の掛からない「Ogg」に、「MP3」を変換してしまいましょう。

以下に「MP3」を「Ogg」に変換する方法を解説します。

続きを読む