カテゴリー別アーカイブ: Android

【第四回】その時、自分は――社会的な出来事の中で|「自分史年表」を書く|Chroniclize(Android/iOS)

簡潔に羅列して好きなことを書けばいいじゃないか、と述べてきたが、それでも書くことが浮かばないという人はいるだろう。

別に書くことがないことが悪いことだとは思わない。例え今日までの人生がすっからかんだったとしても、それを悔いているなら明日から何かを成す為に行動すればいいだけの話だし(未来史年表を書いてみたらいいんじゃないか)、何も浮かばないのは過去に囚われない前向きな思考であるとポジティブに考えてもいいと思う。

それでも、折角だから自分史年表として成立するものを書き纏めてみたいと思うなら、そういうときは、「その時々の社会的な出来事」を振り返ってみるのも手だ。

続きを読む

【第三回】時系列メモ・計画表としての「未来史」年表|「自分史年表」を書く|Chroniclize(Android/iOS)

知人らにアンケートをしてみると、顕著に女性の多くが「未来志向」で、過去にどう生きたのかよりも、未来にどうなっていたいのか、の方が関心が強かった。関心が強いというか、過去にはほとんど興味がないという回答だった。

自分史を解説するWEBサイトは多い。その中にあるお悩み相談コーナーを読んでいたら、「どうしても自分史の内容が武勇伝になってしまう」という男性の悩みが多くて、思わず笑ってしまった。

例え自分に向けた編集物であっても、男の虚栄心というのはどうしようもないなと思ってしまった。過去に関心があるのはほとんどが男性であり、それはこうして「武勇伝」として表れている。

兎も角、この自分史年表が「過去の歴史を記す」というイメージであると、多くの女性にとっては興味のない対象になってしまう。

続きを読む

【第二回】自分は偉人じゃない|「自分史年表」を書く|Chroniclize(Android/iOS)

自分史を書くのに、決まったルールなんてない。どんな体裁で書こうが、どんな目的で書こうが、自分の自由、好きにすればいい。

自分史の形式に囚われてしまって「書けない・・・」と感じてしまう人は少なからずいるようで、「自分史の書き方」をレクチャーする集まり・セミナーなども割と需要があるようなのだが、大まかな出来事を箇条書きに羅列していくだけで、書きたいことなんて自然と出てくるものだ。人に言われてやることではないと思う、自分の人生なんだから。

どんな文章も、このブログだって同じことだが、取り敢えずは思ったことをだらだらと羅列すれば、大きな大まかな骨組みはできてくる。その中で、詳しく書きたい内容、細かい思い出が、自ずと出てくる。こんな風に。

続きを読む

【第一回】大まかな出来事を箇条書きに羅列しただけだって、別にいいじゃないか|「自分史年表」を書く|Chroniclize(Android/iOS)

成人/還暦の記念に、就活の為の自分探しに、暇つぶしに、エンディングノートの代わりに、退職を機に、「自分史年表」を書く――。

最近は特に「就活」と「終活」で「自分史年表」が広く利用されていると聞くが、別に、なんてことのない日に、気まぐれで書いてみても、一興だ。

元々、「自分史年表 -Chroniclize-」をAndroidアプリとして作成した動機・キッカケは、ただの暇つぶしで自分の年表を作ってみたら面白いかも、と思ったに過ぎないのだから。

畏まって書いても肩が凝って疲れるだけだから、こんな風に、自分のイベント事を箇条書きにするだけでも、別にいいじゃないか。

続きを読む