【第三回】時系列メモ・計画表としての「未来史」年表|「自分史年表」を書く|Chroniclize(Android/iOS)

知人らにアンケートをしてみると、顕著に女性の多くが「未来志向」で、過去にどう生きたのかよりも、未来にどうなっていたいのか、の方が関心が強かった。関心が強いというか、過去にはほとんど興味がないという回答だった。

自分史を解説するWEBサイトは多い。その中にあるお悩み相談コーナーを読んでいたら、「どうしても自分史の内容が武勇伝になってしまう」という男性の悩みが多くて、思わず笑ってしまった。

例え自分に向けた編集物であっても、男の虚栄心というのはどうしようもないなと思ってしまった。過去に関心があるのはほとんどが男性であり、それはこうして「武勇伝」として表れている。

兎も角、この自分史年表が「過去の歴史を記す」というイメージであると、多くの女性にとっては興味のない対象になってしまう。

しかし、「過去・現在・未来をひっくるめて自分史」であると考えると、アプリストアの紹介文にも書いているのだが、時系列メモとして、計画表として、「未来史年表」としてもこのアプリは活用できるということになる。

未来を想像して未来の予定を立てて、未来の人生を空想するというのは、女性は少なからず実践するようで、例えば、恋人ができるのはいつ頃か、何年間の付き合いの末に結婚するのか、子供はいつ何人産むのか、マイホームはどのタイミングで手に入れるのか、現実的な人生計画、「未来」を組み立てるのは、女性の方が男性よりも圧倒的に得意なようである。

2013年9月8日、東京オリンピック開催が発表されたとき、「東京オリンピック2020に向けて子どもが欲しい!」と思った人はとても多かったそうだ。これを例えば、自分史年表に当て嵌めると、このようになる。


自分史年表 -Chroniclize-

「東京五輪を子どもと一緒に見る」という目標・予定がこうして出来上がり、2013年から2020年までの計画というのが立てられるようになる。

今、結婚していなければ、2020年から逆算していつまでに結婚しなければならないのかを記すことができるし、何歳の子どもと一緒に五輪を見たいのかを決めれば、何歳までに子どもを産まなければならないのかも記すことができる。

こうして未来の楽しみな予定が立っていると、定期的に見返すだけでもメンタルにとても良さそうな気がしてくる。最近流行りのアドラー心理学からすれば、今・未来が大事なので、これからどうすべきか、明るい未来を想像してあれば、色々なことが附随してポジティブに働いてくるかもしれない。

「未来史」年表、人生の計画書としての自分史年表、とても有用ではないだろうか。

個人的には東京五輪にまったく興味がないので上記はあとで破棄するが、そもそも目標や夢、未来にまったく興味がないのだが、最近、唯一、未来で楽しみだと思えることが見つかった。


自分史年表 -Chroniclize-

第36回定時株主総会で「シンギュラリティを見てみたい」と発言した孫正義。MWC 2017でも話題にしていたが、30年後の自分はまだ生きている可能性が高い。

自分は物凄く面白い時代に生まれたと思った。30年後、人間にはまったく想像ができない世界が実現されているかもしれない。30年、なんとか生きてさえいれば、時間という概念から解放されるかもしれないし、生物としての理から解放されるかもしれない。人間は脳だけの存在になって、バーチャルワールドで永遠に生き続けると唱えた人もいる。

その人間の転換期を期待できる世代に生まれたこと、それを楽しみにしているということを、自分史年表に書いておいて、日々のストレスから奮い立つことができる。なんとか生きてさえいれば、と。62歳、死んでいるかもしれない。なんとか生きていようという目的ができる。

――つづく。

■アプリダウンロード(iOS)
名前 : 自分史年表 -Chroniclize-
配信開始日 : 2017年1月16日(月)
価格 : 無料
対応端末 : iOS 8.0以降
iTunes : https://itunes.apple.com/jp/app/chroniclize-zi-fen-shi-nian/id1190092958

■アプリダウンロード(Android)
名前 : 自分史年表 -Chroniclize-
配信開始日 : 2016年9月18日(日)
価格 : 無料
対応端末 : Android OS 4.2以降
Google Play : https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.materialize.mychronology


## 合同会社materializeでは一緒に働く仲間を募集しています

1.【新卒採用 / 中途採用】AndroidやiOS、Windowsなど1年間で多種多様なアプリ開発を!
2.【学生インターン採用 / 主婦インターン採用】自社アプリ企画→開発→リリースまで…文系? プログラミング未経験? →問題なし!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です